「シボレー・カマロ/コルベット」の2001年モデル発売

2000.11.24 自動車ニュース
 
 
001124_032.gif

「シボレー・カマロ/コルベット」の2001年モデル発売(11/24)

日本ゼネラルモーターズは、「シボレー・カマロ」および「同コルベット」の2001年モデルを発表、2000年11月11日から販売を開始した。両車とも、新ボディ色追加などマイナー変更にとどまっている。

■カマロ
新ボディ色「ライトピューターメタリック」を設定。これにより、従来のネイビーブルーメタリック、セブリングシルバーは廃止された。全車左ハンドル+4AT仕様で、価格は、3787ccのV6エンジン搭載「スポーツクーペ」が299.0万円、同「スポーツコンバーチブル」が396.0万円、5665ccのV8 搭載「Z28」が353.0万円。

■コルベット
ボディ色に「スピードウェイホワイト」「クイックシルバー」を新採用。ナッソーブルーメタリックは外された。さらに、ステアリングホイール位置を電動で調整できる「パワーテレスコピックステアリング」、自動防賦式リアビューミラー、同運転席側ドアミラーなどを全車に装備した。5665ccのV8エンジン、左ハンドルは全車共通だ。
価格は、4ATの「コルベット」が598.0万円、同「コンバーチブル」が699.0万円、6段マニュアルを備えたスポーティモデル「Z51」が663.0万円。

なお、シボレー「ブレイザー」および「アストロ」は、2001年1月から順次導入を予定しているという。(web CG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • ルノー・ジャポン、アルピーヌの販売を発表 2017.6.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年6月1日、アルピーヌブランドのニューモデルについて、日本における輸入販売事業を行うと発表した。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る