「シボレー・カマロ/コルベット」の2001年モデル発売

2000.11.24 自動車ニュース
 
 
001124_032.gif

「シボレー・カマロ/コルベット」の2001年モデル発売(11/24)

日本ゼネラルモーターズは、「シボレー・カマロ」および「同コルベット」の2001年モデルを発表、2000年11月11日から販売を開始した。両車とも、新ボディ色追加などマイナー変更にとどまっている。

■カマロ
新ボディ色「ライトピューターメタリック」を設定。これにより、従来のネイビーブルーメタリック、セブリングシルバーは廃止された。全車左ハンドル+4AT仕様で、価格は、3787ccのV6エンジン搭載「スポーツクーペ」が299.0万円、同「スポーツコンバーチブル」が396.0万円、5665ccのV8 搭載「Z28」が353.0万円。

■コルベット
ボディ色に「スピードウェイホワイト」「クイックシルバー」を新採用。ナッソーブルーメタリックは外された。さらに、ステアリングホイール位置を電動で調整できる「パワーテレスコピックステアリング」、自動防賦式リアビューミラー、同運転席側ドアミラーなどを全車に装備した。5665ccのV8エンジン、左ハンドルは全車共通だ。
価格は、4ATの「コルベット」が598.0万円、同「コンバーチブル」が699.0万円、6段マニュアルを備えたスポーティモデル「Z51」が663.0万円。

なお、シボレー「ブレイザー」および「アストロ」は、2001年1月から順次導入を予定しているという。(web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
コルベットカマロシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • 「シボレー・コルベット」に鮮やかなオレンジが目を引く限定モデル 2018.5.17 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」にデビュー65周年を祝う限定モデル「グランスポーツ セブリングオレンジ65エディション」が登場。鮮やかなオレンジのボディーカラーや、カーボン素材で飾られたインテリアが特徴で、販売台数は5台限定となっている。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • ロールス・ロイス・カリナン 2018.5.11 画像・写真 2018年5月10日(英国現地時間)、「ラグジュアリーな正統派オフロード走行を実現する」とうたわれる、ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」がデビューした。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る