三菱が高級セダン「プラウディア」を発売

2012.07.04 自動車ニュース

三菱が高級セダン「プラウディア」を発売

三菱自動車は、高級セダン「プラウディア」を2012年7月26日に発売する。

「プラウディア」は三菱のセダンラインナップの上位に位置するモデル。日産からOEM供給を受ける「フーガ」をベースとし、これに三菱独自デザインのフロントグリルを与えたり、装備内容を充実させたりして区別化を図っている。

エンジンは2.5リッターと3.7リッターのV6ガソリンユニット2種で、フーガにはあるハイブリッド仕様は設定されない。

グレード設定は以下のとおり。2012年度の販売目標は650台。

<プラウディアのグレード設定>
「250」……ベースは「フーガ250GT Aパッケージ」。リアサスペンションにダブルピストンショックアブソーバーを採用した「コンフォートサスペンション」を標準装備として、後席の快適性を高めている。車両価格は402万2000円。
「250VIP」……「フーガ250VIP」ではオプションとなる安全装備群(日産のセットオプション「セーフティシールドパッケージ」に相当)が標準装備となる。489万1000円。
「370VIP」……「フーガ370VIP」がベース。プラウディア・シリーズの最上級モデル。555万3000円。
「370 4WD」……ベースは「フーガ370GT FOUR」。「250VIP」と同様に、日産の「セーフティシールドパッケージ」相当の安全装備が標準で装着される。512万2000円。

(webCG 竹下)

「三菱プラウディア370VIP」
「三菱プラウディア370VIP」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プラウディアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱が高級セダン「プラウディア」を発売 2012.7.4 自動車ニュース 三菱自動車は、高級セダン「プラウディア」を2012年7月26日に発売する。
  • 三菱ランサーセディアワゴン T-Touring & Rallyart Edition(4AT)【試乗記】 2001.6.7 試乗記 三菱ランサーセディアワゴンT-Touring /Rallyart Edition(4AT)
    ……189.8/209.8万円

    2000年11月の発表以来、月平均3100台(2001年4月まで)を売る好調ランサーセディアワゴン。2001年5月29日に、1.8リッターGDIターボモデル「T-Touring」が加わった。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告する。


  • 三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車 2002.6.3 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」と「ランサーセディアワゴン」に、スポーティさを演出した特別仕様車「スポーツエディション」を設定、2002年5月29日に発売した。さらにランサーセディアに新グレードを追加し、同日販売を開始した。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
ホームへ戻る