三菱が高級セダン「プラウディア」を発売

2012.07.04 自動車ニュース

三菱が高級セダン「プラウディア」を発売

三菱自動車は、高級セダン「プラウディア」を2012年7月26日に発売する。

「プラウディア」は三菱のセダンラインナップの上位に位置するモデル。日産からOEM供給を受ける「フーガ」をベースとし、これに三菱独自デザインのフロントグリルを与えたり、装備内容を充実させたりして区別化を図っている。

エンジンは2.5リッターと3.7リッターのV6ガソリンユニット2種で、フーガにはあるハイブリッド仕様は設定されない。

グレード設定は以下のとおり。2012年度の販売目標は650台。

<プラウディアのグレード設定>
「250」……ベースは「フーガ250GT Aパッケージ」。リアサスペンションにダブルピストンショックアブソーバーを採用した「コンフォートサスペンション」を標準装備として、後席の快適性を高めている。車両価格は402万2000円。
「250VIP」……「フーガ250VIP」ではオプションとなる安全装備群(日産のセットオプション「セーフティシールドパッケージ」に相当)が標準装備となる。489万1000円。
「370VIP」……「フーガ370VIP」がベース。プラウディア・シリーズの最上級モデル。555万3000円。
「370 4WD」……ベースは「フーガ370GT FOUR」。「250VIP」と同様に、日産の「セーフティシールドパッケージ」相当の安全装備が標準で装着される。512万2000円。

(webCG 竹下)

「三菱プラウディア370VIP」
「三菱プラウディア370VIP」

関連キーワード:
プラウディア三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱が高級セダン「プラウディア」を発売 2012.7.4 自動車ニュース 三菱自動車は、高級セダン「プラウディア」を2012年7月26日に発売する。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る