三菱、軽自動車5車種を改良

2000.11.27 自動車ニュース
 
 
001127_033.gif

三菱、軽自動車5車種を改良(11/27)

三菱自動車は、「ミニカ」をはじめとする軽乗用車5車種を一部改良、新グレードを 追加し、特別仕様車とあわせて2000年11月21日から発売を開始した。

全車において、フロントグリルを一新するとともに、前席エアバッグを標準装備した。 各車の主な変更点は以下のとおり。

■ミニカ
前席シートベルトにプリテンショナー機構を標準装備。さらに「タウンビー」「Pj」 に電動格納式リモコンドアミラーを設定した。
価格は、3ドアセダン(2WD+5MT)の78.0万円から、5ドアセダン(4WD+4AT)の131.9 万円まで。

■パジェロミニ
オーディオ装備に、クラリオン製アゼスト2DIN CD/MDプレーヤーを採用(「リンクスリミテッド」)。ダークグレー基調の専用内装、 ブラックの専用シートも備わった(「リンクス」「リンクスリミテッド」)。
2WD+5MTの124.0万円から、4WD+4ATの166.2万円まで。

■タウンボックス
新意匠のフロントバンパーやフェンダーパネル、ヘッドランプなどで外観を一新。後 席をセパレートタイプから6:4分割可倒式ベンチシートに変更し、機能性、居住性を 向上した。
2WD+5MTの110.5万円から、4WD+4ATの149.9万円まで。

■トッポBJ
丸型2灯式ヘッドランプ、専用フロントグリル/同バンパーなどを奢られた新グレー ド「グッピー」を追加設定。クラリオン製アゼストAM/FMカセットデッキ、ウォッシ ャー付リアワイパーなどを備えたモデルだ。価格は、2WDが101.0万円、4WDが116.3万 円。3ATのみ用意される。
13インチアルミホイール、クラリオン製アゼスト2DIN CD/MDプレーヤーを付与した特別仕様車「グッピーリミテッド」(2WD=111.0万円、 4WD=126.3万円)も発売。

■タウンボックス
カスタマイズ仕様車「M2」を追加。大型フロントエアロバンパー、“スムージング” デザインのフロントグリル、サイドエアダム、リアアンダースポイラーなどでお化粧 した「迫力のフロントフェイスを持ったスクエアデザイン」(広報資料)が特徴。
価格は、ベース車の16万円高で、131.5〜167.5万円。

「三菱自動車」サイト:
http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る