三菱、軽自動車5車種を改良

2000.11.27 自動車ニュース
 
 
001127_033.gif

三菱、軽自動車5車種を改良(11/27)

三菱自動車は、「ミニカ」をはじめとする軽乗用車5車種を一部改良、新グレードを 追加し、特別仕様車とあわせて2000年11月21日から発売を開始した。

全車において、フロントグリルを一新するとともに、前席エアバッグを標準装備した。 各車の主な変更点は以下のとおり。

■ミニカ
前席シートベルトにプリテンショナー機構を標準装備。さらに「タウンビー」「Pj」 に電動格納式リモコンドアミラーを設定した。
価格は、3ドアセダン(2WD+5MT)の78.0万円から、5ドアセダン(4WD+4AT)の131.9 万円まで。

■パジェロミニ
オーディオ装備に、クラリオン製アゼスト2DIN CD/MDプレーヤーを採用(「リンクスリミテッド」)。ダークグレー基調の専用内装、 ブラックの専用シートも備わった(「リンクス」「リンクスリミテッド」)。
2WD+5MTの124.0万円から、4WD+4ATの166.2万円まで。

■タウンボックス
新意匠のフロントバンパーやフェンダーパネル、ヘッドランプなどで外観を一新。後 席をセパレートタイプから6:4分割可倒式ベンチシートに変更し、機能性、居住性を 向上した。
2WD+5MTの110.5万円から、4WD+4ATの149.9万円まで。

■トッポBJ
丸型2灯式ヘッドランプ、専用フロントグリル/同バンパーなどを奢られた新グレー ド「グッピー」を追加設定。クラリオン製アゼストAM/FMカセットデッキ、ウォッシ ャー付リアワイパーなどを備えたモデルだ。価格は、2WDが101.0万円、4WDが116.3万 円。3ATのみ用意される。
13インチアルミホイール、クラリオン製アゼスト2DIN CD/MDプレーヤーを付与した特別仕様車「グッピーリミテッド」(2WD=111.0万円、 4WD=126.3万円)も発売。

■タウンボックス
カスタマイズ仕様車「M2」を追加。大型フロントエアロバンパー、“スムージング” デザインのフロントグリル、サイドエアダム、リアアンダースポイラーなどでお化粧 した「迫力のフロントフェイスを持ったスクエアデザイン」(広報資料)が特徴。
価格は、ベース車の16万円高で、131.5〜167.5万円。

「三菱自動車」サイト:
http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る