シボレー「アストロ」「ブレイザー」の2001年モデル発売

2000.11.29 自動車ニュース
 
 
001129_037.gif

シボレー「アストロ」「ブレイザー」の2001年モデル発売(11/29)

日本ゼネラルモーターズは、シボレーのミニバン「アストロ」およびSUV「ブレイザー」の2001年モデルを発表、2000年12月2日から発売する。

主な変更点は次のとおり。

■シボレーアストロ
「LS 2WD」は、リモコンキーレスエントリーとディープティンテッドガラスを追加装備しながら、価格据え置きの299.0万円。
「LS 4WD」には、クロームメッキのスチールホイールを標準装備して、346.0万円。
「LT」には、後席オーディオリモコンを追加して、395.0万円となった。
ドライブとレインは、いすれも4.3リッターV6エンジン(193ps、34.6kgm)+4段ATと従来どおり。すべて左ハンドルとなる。
ベッドやガスコンロなどを標準装備するキャンピングカーシリーズ「フォレシエスタ」は、「LS」が365.0万円、「LT」が414.0万円。

■シボレーブレイザー
ベーシックモデル「LS」を、旧モデルより30万円安くし、300万円を切る298.0万円に設定。ライバルとなるフォード・エクスプローラー(319.5万円〜)に対抗する。装備面では、6連奏マルチCDチェンジャーを追加装備したのが唯一の変更点。4.3リッターV6エンジン(193ps、34.6kgm)、4段AT、パートタイム4WDの組み合わせも旧モデルから引き継ぐ。ステアリング位置はすべて右だ。
価格は、「LS」の上級グレード「LT」が349.0万円、「フォレシエスタ」の「LS」が318.0万円、「LT」が369.0万円。(web CG 有吉)

「シボレー」サイト:
http://www.chevrolet.co.jp/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・アストロ LS 4WD(4AT)【ブリーフテスト】 2001.8.4 試乗記 ……346.0万円
    総合評価……★★★★




  • シボレー・トレイルブレイザー日本上陸! 2001.9.5 自動車ニュース ■シボレーをメジャープレイヤーに2001年9月4日、東京は港区台場の「ホテル日航東京」において、シボレーの新型クロスカントリー「トレイルブレイザー」の発表会が行われた。トレイルブレイザーは、新開発のラダーフレームシャシーに、従来のブレイザーよりひとまわり大きな5ドアボディを載せたブランニュー4WDモデル。搭載される4.2リッター直6(!)エンジンがまったくの新開発であるのはもとより、専用の生産工場まで立ち上げたGMの重要車種である。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『webCG』記者が乗った。


ホームへ戻る