マゼラーティ・クワトロポルテに特別仕様車

2000.11.29 自動車ニュース
001129_038.gif

マゼラーティ・クワトロポルテに特別仕様車(11/29)

マゼラーティの日本総代理店コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、2000年11月28日、4ドアサルーン「クワトロポルテ」の、国内向け特別仕様車「コーンズ・セリエ・スペチアーレ」の販売を開始した。

最大の話題は、オーバル型のアナログ時計が復活したこと。スイス・ラサール社製である。内装には、「クラシック・カンファタブル・シート」と称するコノリーレザーのシートが奢られる。
そのほか、リアドアの窓枠に七宝焼きのエンブレムが付き、アルミキャリパーがシルバーに塗られ、シリアルナンバーの入ったプレートがセンターコンソールに貼られ、キーリングにも同じ番号が振られる。

2.8リッターV6が920.0万円。3.2リッターV8が1115.0万円。
日本限定、両者合わせて50台がデリバリーされる予定だ。

(web CG アオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。