スズキ、「ワゴンR+」を改良改名

2000.12.01 自動車ニュース
 
 
001201_001.gif

スズキ、「ワゴンR+」を改良改名(12/1)

スズキは、軽自動車「ワゴンR」ベースの乗用車「ワゴンR+」を一部改良し、「ワゴンRソリオ」として2000年12月2日に発売する。ソリオ(SOLIO)とは、王座、王権を意味するスペイン語。

改良の眼目は、1.3リッターエンジン追加、燃費向上などにある。

従来までの1リッター直4DOHCユニットに加え、「スイフト」「ジムニーワイド」に搭載するオールアルミ製1.3リッター直4DOHCエンジンを新設定した。VVT(可変バルブタイミング機構)により、「中低速域から高速域まで扱いやす」(スズキ)いのが特徴。最高出力は88ps/6000rpm、最大トルクは12.0kgm/3400rpmだ。なお、インタークーラーターボ付直4エンジンは、ラインナップから外された。

燃費は、1リッターエンジンにおいて、2WDで1km向上し19.6km/リッター、4WDでプラス0.6kmの18.0km/リッターとなった。

価格は、1リッターエンジン搭載車「ワゴンRソリオX」が107.8万円(2WD)と119.5万円(4WD)、XにMD/CD/カセットステレオなど装備を追加した「21世紀記念スペシャル」(スゴイ名前!)が121.3万円(2WD)と132.0万円(4WD)、1.3リッター「1.3」が、134.8万円(2WD)と145.5万円(4WD)。(web CG 有吉)

「スズキ」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る