メルセデス・ベンツGLKクラス、新たな装いで発売

2012.07.04 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツGLKクラス」、装いもエンジンも新たに

メルセデス・ベンツ日本は、マイナーチェンジされたSUV「GLKクラス」を日本市場に導入。2012年7月4日に発売した。

メルセデス・ベンツ車のなかで、コンパクトなSUVと位置付けられる「GLKクラス」。このたび、2008年10月に日本で発売されて以来初となる“マイナーチェンジ版”が導入されることとなった。

新型は、LEDポジショニングライトを持つヘッドランプや、クロムのアンダーガードなどが特徴。「メルセデス・ベンツの最新デザイントレンドを踏襲したスタイリッシュでアグレッシブなイメージに生まれ変わった」(プレスリリース)という。

インテリアも、左右に大きく広がるインストゥルメントパネルや、他のメルセデスにも見られる丸型のエアコン吹き出し口を新たに採用。センターコンソールにあったシフトレバーはステアリングコラムへと移設され、ステアリングホイールにもシフトパドルが添えられる。

中でも大きな変更点は、エンジンだ。これまでの3リッターV6(231ps、30.6kgm)に代えて、マイナーチェンジ後のモデルは新世代の3.5リッター直噴V6エンジンを搭載。75psと7.1kgm増しの306ps、37.7kgmを発生する。
トランスミッションは、効率に優れる最新の7段AT「7Gトロニックプラス」。アイドリングストップ機能も与えられ、燃費は約30%向上した。

安全装備のアップグレードも抜かりなく、ドライバーの疲労や眠気を検知して注意を喚起する「アテンションアシスト」や、ハイビームとロービームを自動的に切り替える「アダプティブハイビームアシスト」などが備わる。

日本で発売されるGLKクラスは、「GLK350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」1モデルのみ。価格は599万円だ。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツGLK350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」(写真は欧州仕様車)
メルセデス・ベンツGLKクラス、装い新たに発売
 
メルセデス・ベンツGLKクラス、装い新たに発売
 
メルセデス・ベンツGLKクラス、装い新たに発売
 
メルセデス・ベンツGLKクラス、装い新たに発売
 
メルセデス・ベンツGLKクラス、装い新たに発売

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.8.19 試乗記 メルセデス・ベンツが放つ、SUVのニューモデル「GLAクラス」に試乗。その走りは、ほかのクルマとどう違う? 乗り心地や燃費はどうなのか? スポーティーグレード「GLA250 4MATICスポーツ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2014.6.20 試乗記 メルセデス・ベンツが手掛けるコンパクトSUV「GLAクラス」が上陸。その走りは、既存のモデルとどう違う? 一般道とオフロードコースで、実力を確かめた。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る