スマートクーペ、正規販売開始

2000.12.05 自動車ニュース
 
 
001205_009.gif

スマートクーペ、正規販売開始(12/5)

「スウォッチ+メルセデス+Art=Smart!」という楽しい成り立ちをもつ2人乗りコンパクトカー「スマート」の正規輸入・販売が、2000年12月4日、ようやく始まった。デビューが1997年だから、ダイムラー・クライスラー日本による日本導入まで、3年かかったことになる。
「クルマとして未知数だった」のが、日本(正式)上陸が遅れた理由。スウォッチで知られるSMH社と合弁で立ち上げたMCC(マイクロ・コンパクト・カー)社は、販売不振、SMH社の撤退、と多難続きだったが、2000年度は約9万5000台を販売、息を吹き返した。

今回ラインナップされるのは、「スマート クーペ」。「最小限のボディサイズで最大限の安全性、快適性、環境適合性」をコンセプトに、全長約2.5メーター、全幅約1.5メーターの2人乗りモデルである。
キャビンは、高張力鋼板を多用した「トリディオン・セイフティセル」で囲まれ、安全性を確保する一方、車体外皮の樹脂パーツは、容易に交換が可能だ。

ボディカラーは、ソリッド(ハローイエロー、ファットレッド、ジャックブラック、ライトホワイト)、メタリック(トゥルーブルー、ベイグレー)、キュービック(アクアグリーン、アクアバニラ)の、全8色。
内装には、ツートンカラーのシートに、ブーメランブルー、ブーメランレッド、ブーメラングリーンの3色が用意される。

リアに搭載されるエンジンは、598ccのSOHC直列3気筒ターボ(55PS/5250rpm、8.2kgm/2000から4000rpm)。追い越し時などにターボブーストを上げる「オーバーブースト機能」が装備される。
日本市場向けにシフトプログラムを変更した、6段MTモード付きAT「Softouch」を搭載。一般的なトルクコンバーターではなく、オートクラッチを使用、シーケンシャルシフトのほか、「オートマチックモード」での走行が可能だ。
そのほか、助手席側パワーウィンドスイッチをセンターコンソールに移設し、無線式リモートロックを赤外線に変更、AM/FMラジオが備わる。

当面、左ハンドルのみの設定。価格は130万円。注目の「軽」登録は見送られた。ヤナセ、シュテルン、クライスラー、そして三菱ディーラーの、計130店舗で販売される。店内は仕切られるとはいえ、ジープの隣に並ぶスマート、ランサーセディアワゴンの横に展示されるスマートなどが見られる、だろう。
カブリオレの導入は2001年夏、2000年10月から英国で売られている右ハンドル車は、2001年末までには導入される予定だ。

スマートホームページ:www.smart-j.com(12月5日 10:00開設)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る