【スペック】全長×全幅×全高=4515×1680×1550mm/ホイールベース=2450mm/車重=1055kg/駆動方式=FF/1.2リッター直3DOHC12バルブ(79ps/6000rpm、10.8kgm/4400rpm)/価格=258万円(テスト車=336万2200円)

ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】

富山県に続け! 2012.07.04 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
……336万2200万円

クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。

機能とカッコのいいとこ取り

ルームミラーで後方を見た途端、名状しがたい感覚に襲われた。なんだかしっくりこないのだ。あるはずのないものが、そこにある。リアウィンドウに飾られたカーテンだ。脇にたたまれているので、大幅に視界を妨げているわけではない。ごく小さな変化にすぎないのに、見慣れないものが入り込むと心に引っかかりを生じる。人間の感覚とは、かくも保守的なのか。

「ミツオカ・ビュート」は、「日産マーチ」がベースとなったカスタマイズカーだ。モチーフとなっているのは、「ジャガーMk2」である。最新のコンパクトカーを往年の名車のように装う。機能とカッコのいいとこ取りをしようというわけだ。
パッと見では、外見にマーチの面影はない。今時珍しい金属製バンパーが取り付けられ、丸めのヘッドランプや立派なラジエーターグリルもよく再現されていて、エンジンフードの形までMk2似だ。マーチのファニーな表情は、きれいに消し去られている。見事なものだ。

クラシカルな装いであっても、乗り込んでしまえば快適な現代のクルマである。パワーウィンドウは当然のこととして、インテリジェントキーも標準装備だ。エンジン始動はプッシュボタンで、オプションでカーナビだって付けられる。元がマーチなのだから当たり前だ。グローブボックスの中には、ビュートとマーチの取扱説明書が並べて収められている。


ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】の画像
コンパクトハッチバックの「日産マーチ」をベースに製作される「ミツオカ・ビュート」。機関部を除いた部分、特にエクステリアはオリジナルパーツに換装される。
コンパクトハッチバックの「日産マーチ」をベースに製作される「ミツオカ・ビュート」。機関部を除いた部分、特にエクステリアはオリジナルパーツに換装される。
往年の「ジャガーMk2」を思わせるクラシカルな外観は、1993年に誕生した初代以来、変わらぬ「ビュート」の特徴だ。
往年の「ジャガーMk2」を思わせるクラシカルな外観は、1993年に誕生した初代以来、変わらぬ「ビュート」の特徴だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビュートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化 2017.1.6 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の安全装備を強化。3モデルに対して、「トラフィックアシスト」を標準装備またはオプション装備とし、2017年1月6日に発売した。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る