クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4515×1680×1550mm/ホイールベース=2450mm/車重=1055kg/駆動方式=FF/1.2リッター直3DOHC12バルブ(79ps/6000rpm、10.8kgm/4400rpm)/価格=258万円(テスト車=336万2200円)

ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】

富山県に続け! 2012.07.04 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
……336万2200万円

クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。

機能とカッコのいいとこ取り

ルームミラーで後方を見た途端、名状しがたい感覚に襲われた。なんだかしっくりこないのだ。あるはずのないものが、そこにある。リアウィンドウに飾られたカーテンだ。脇にたたまれているので、大幅に視界を妨げているわけではない。ごく小さな変化にすぎないのに、見慣れないものが入り込むと心に引っかかりを生じる。人間の感覚とは、かくも保守的なのか。

「ミツオカ・ビュート」は、「日産マーチ」がベースとなったカスタマイズカーだ。モチーフとなっているのは、「ジャガーMk2」である。最新のコンパクトカーを往年の名車のように装う。機能とカッコのいいとこ取りをしようというわけだ。
パッと見では、外見にマーチの面影はない。今時珍しい金属製バンパーが取り付けられ、丸めのヘッドランプや立派なラジエーターグリルもよく再現されていて、エンジンフードの形までMk2似だ。マーチのファニーな表情は、きれいに消し去られている。見事なものだ。

クラシカルな装いであっても、乗り込んでしまえば快適な現代のクルマである。パワーウィンドウは当然のこととして、インテリジェントキーも標準装備だ。エンジン始動はプッシュボタンで、オプションでカーナビだって付けられる。元がマーチなのだから当たり前だ。グローブボックスの中には、ビュートとマーチの取扱説明書が並べて収められている。


ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
コンパクトハッチバックの「日産マーチ」をベースに製作される「ミツオカ・ビュート」。機関部を除いた部分、特にエクステリアはオリジナルパーツに換装される。
コンパクトハッチバックの「日産マーチ」をベースに製作される「ミツオカ・ビュート」。機関部を除いた部分、特にエクステリアはオリジナルパーツに換装される。 拡大
往年の「ジャガーMk2」を思わせるクラシカルな外観は、1993年に誕生した初代以来、変わらぬ「ビュート」の特徴だ。
往年の「ジャガーMk2」を思わせるクラシカルな外観は、1993年に誕生した初代以来、変わらぬ「ビュート」の特徴だ。 拡大

進歩の果実と特別なフォルム

これも至極当たり前のことだが、運転にクラシカルな味わいなどない。まごうことなき現代のクルマだ。特筆すべき動力性能やコーナリング性能を期待されても困る。よくできたコンパクトカーという以上でも以下でもない。
そこそこに加速し、高速道路で問題なく流れに乗って走れる。アクセルを踏み込めばそれなりにうるさいが、普通にしていれば音楽を聴きながら運転できる。乗り心地がフワフワしたり、逆にゴツゴツしたりすることもなく、後席だって快適だ。
アイドリングストップまでついている。今回の試乗では、高速道路と市街地を半々ぐらいで240kmほど走り、燃費は14.6km/リッターだった。

今ジャガーMk2を自家用車にしようとするならば、行く手には艱難(かんなん)辛苦が待ち受けているはずだ。かつての名車といえども、現在の水準では速いクルマではないし、安全装備はお粗末なものだ。静粛性や快適性は期待すべくもない。何らかのトラブルで止まってしまう危険は常に伴うし、そもそもエンジンがかからないことだってあり得る。燃費も二桁を望むのは難しいだろう。

慣れてしまってありがたみを忘れてしまっているが、何も心配せずに乗れてスピードと心地良い空間を享受することができるというのは、自動車の進歩の素晴らしい果実なのだ。ビュートは、その恩恵に浴した上で、特別なフォルムを手に入れている。現代に生きていればこその僥倖(ぎょうこう)なのだ。ただ、だからといってジャガーMk2の愛好者がビュートを欲しがるかというと、それは考えにくい。そのクルマが生きた時代を含めての魅力を求めているからだ。

おそらく、ビュートに引かれる気持ちは、ある種のファンシーな意匠を求める気持ちと似ているのだろう。洋服やアクセサリーを選ぶのと同じ感覚で、クルマだって選びたいのだ。それはいわゆる自動車好きとは違う趣味だけれど、工業プロダクトとして一定のマーケットがあることは間違いない。

新型「ビュート」のインテリア。大きな板状のインストゥルメントパネルが与えられるなど、室内デザインについてもベース車「日産マーチ」との差別化が図られる。
新型「ビュート」のインテリア。大きな板状のインストゥルメントパネルが与えられるなど、室内デザインについてもベース車「日産マーチ」との差別化が図られる。 拡大
写真の本革シートは、20万円のオプション。テスト車はドアトリムも本革仕立てで、こちらの価格は12万円となっている。
写真の本革シートは、20万円のオプション。テスト車はドアトリムも本革仕立てで、こちらの価格は12万円となっている。 拡大
1.2リッター直3エンジンは、「日産マーチ」のそれと基本的に同じもの。
1.2リッター直3エンジンは、「日産マーチ」のそれと基本的に同じもの。 拡大
ホイールのサイズは標準で14インチ。より大きな15インチアルミホイール(写真)もオプションで用意される。
ホイールのサイズは標準で14インチ。より大きな15インチアルミホイール(写真)もオプションで用意される。 拡大

唯一無二の選択肢

“快適な現代のクルマ”と書いたが、カスタマイズカーならではの弱点もないわけではない。ハッチバックをセダンに作りかえているから、どうしたってボディーは大きくなる。全幅と全高はさほど変わらないが、全長は735mmも長くなっている。コインパーキングに止める際など、バンパーが後ろの壁にぶつからないか、心配になったほどだ。必然的に車重も100kgほど増えている。コンパクトカーとしては無視できない重量だ。

荷室の前端には高さ10cmほどの壁が不自然に横たわっていて、考えてみればそれはマーチ自体の後端部だ。強度を維持するためには、削ることは難しいのだろう。Mk2を忠実にコピーしたトランクリッドはかなりの重量で、しかもダンパーが付いていないからロッドを引っ掛けて止めなければならない。

そういったこまごまとした弱みが気にならず、デザインが好みに合っていれば、ビュートは唯一無二の選択肢となる。ダッシュボードはマーチとはまったく違う形状であるだけでなく、材質も現代の主流である樹脂成形を使用していない。オプションをおごれば、シートやドアトリムをぜいたくな本革で飾ることもできる。冒頭で触れたリアカーテンもオプションで、このクルマの世界観を仕上げるアイテムとなる。それが見慣れたものではないといって否定するのは傲慢(ごうまん)な態度だろう。

素のマーチから比べると、車両価格で100万円ほど上回る。オプションを重ねていけば、さらに堂々たる値段になる。それでも、唯一無二の存在だから需要があるのだ。万人に受け入れられる商品を作ることは、困難であり、尊敬すべき仕事だ。同時に、少数に好まれる製品を生み出すこともおろそかにしてはならない。

光岡自動車は、富山県を本拠とする会社である。失礼ながら全国的には地味な印象の県だが、だからこそほかにはない製品を作り出すことができたのかもしれない。マーチのようなしっかりした土台があるのだから、バックヤードビルダーにとってはいい時代なのだ。他の県でも、どんどん独自のモデルを作っていけばいい。まずは“うどん県”こと香川県とか、“おしい! 広島県”とか、いかがでしょうか。

(文=鈴木真人/写真=荒川正幸)

独立型のトランクルームは、ベースモデル「日産マーチ」との最大の相違点。後席を倒すことで、長尺物の積載にも対応できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
独立型のトランクルームは、ベースモデル「日産マーチ」との最大の相違点。後席を倒すことで、長尺物の積載にも対応できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます) 拡大
リアウィンドウには、左右振り分け式のカーテンも追加できる。1万2000円なり。
リアウィンドウには、左右振り分け式のカーテンも追加できる。1万2000円なり。 拡大
テスト車「12LX」のシートは、6:4の分割可倒式。よりリーズナブルなグレードである「12ST」「12DX」ではベンチタイプの可倒式となる。
テスト車「12LX」のシートは、6:4の分割可倒式。よりリーズナブルなグレードである「12ST」「12DX」ではベンチタイプの可倒式となる。 拡大
「ミツオカ・ビュート」のボディーカラーは全4色。写真のワインレッドのほか、ブリティッシュグリーン、ホワイト、ブラックメタリックが選べる。
【テスト車のオプション装備】
ウッドタイプインパネ=7万5000円/センターコンソールセット=3万5000円/本革シート=20万円/クラシックドアトリム=12万円/ウッドタイプパーセルボード=1万2600円/リヤカーテン=1万2000円/ナビゲーション(メモリータイプ2DIN-W)+4スピーカー=16万8000円/アルミホイール(15×6J)+タイヤ=15万9600円
「ミツオカ・ビュート」のボディーカラーは全4色。写真のワインレッドのほか、ブリティッシュグリーン、ホワイト、ブラックメタリックが選べる。
【テスト車のオプション装備】
ウッドタイプインパネ=7万5000円/センターコンソールセット=3万5000円/本革シート=20万円/クラシックドアトリム=12万円/ウッドタイプパーセルボード=1万2600円/リヤカーテン=1万2000円/ナビゲーション(メモリータイプ2DIN-W)+4スピーカー=16万8000円/アルミホイール(15×6J)+タイヤ=15万9600円 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事