マツダ・トリビュートの兄弟車「フォード・エスケープ」発売

2000.12.08 自動車ニュース
 
 
001208_014.gif

マツダ・トリビュートの兄弟車「フォード・エスケープ」発売(12/8)

フォードジャパンは、マツダと共同開発したSUV「フォード・エスケープ」を、2000年12月6日に発売した。

「エスケープ」は、フォード初の「ライトクロカン4WD」。マツダが10月に先行発売した「トリビュート」の兄弟車だ。プラットフォーム、エンジン、トランスミッションなどの基幹部分を共用。しかし、ボディパネルで共有しているのはルーフだけ。

トリビュートが「SUVなのにスポーツセダンのようなハンドリング」を標榜するのに対し、エスケープはオフロードでの乗り心地、走行性が重視されている。

日本仕様の右ハンドル車は、トリビュート同様山口県にあるマツダの防府工場製。北米向け左ハンドルはフォードのカンザス工場(米ミズーリ州)でつくられる。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4440×1825×1720mm、ホイールベース=2620mm。サスペンションは、前マクファーソンストラット、後マルチリンク式の4輪独立懸架だ。

エンジンは3リッターV6(203ps/27.0kgm)もしくは2リッター直4(129ps/18.7kgm)を横置きし、多板クラッチを用いた「ロータリーブレードカプリング」を介して4輪を駆動する。トランスミッションは、いずれもコラム式4ATである。

価格は、「XLT」直4モデルが217.0万円、同V6が247.0万円。

エスケープとトリビュート、その実力を知りたい方は、web CG人気コーナー「ロードインプレッション」にアクセスされたし。(web CG 有吉)

フォードジャパン「エスケープ」サイト:
http://www.escape-japan.com/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスケープの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る