マツダ、次世代ロータリーエンジン車発表

2000.12.13 自動車ニュース
001213_023.gif

マツダ、次世代ロータリーエンジン車発表(12/13)

マツダは、2001年1月に開催される北米国際オートショーに、現在開発中の次世代ロータリーエンジン「RENESIS」を搭載した新型スポーツカーのデザインモデルを出品すると発表した。

1999年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「RX-EVOLV」を発展させた、量産を前提とした4ドアスポーツカー。マツダのアイデンティティたるロータリーエンジンは、出力性能を維持しつつ、ヴァンケルユニットの弱点である燃費効率を大幅に高めることを目標に開発が進められているという。発売時期は未定。(web CG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。