スズキ、新型クロカン「グランドエスクード」発売

2000.12.15 自動車ニュース
 
 
001215_025.gif

スズキ、新型クロカン「グランドエスクード」発売(12/15)

スズキは、7人乗りの新しいクロカン「グランドエスクード」、および「エスクード」の一部モデルを改良し、2000年12月12日に発売した。

「クロスカントリー・ワゴン」をテーマとする「グランドエスクード」は、悪路走破性と居住性、走行性能の共存を目標に開発。「エスクード」5ドアより全長を485mm延長した4575mmのロングボディに、3列シートを載せたのが特徴だ。

パワーユニットは、スズキのラインナップ中最大排気量となる、新開発2.7リッターV6DOHCエンジン(177ps/6000rpm、24.7kgm/4000rpm)。

駆動方式は、2WD(FR)/4WDの切り替えが可能なパートタイム4WD。本格的なヨンクだ。前マクファーソンストラット、後5リンクリジットアクスルの足回りは、エスクードと同じ。トランスミッションは電子制御4段AT。

シートは、1、2列目がスライド/リクライニング、3列目にはリクライニングが可能だ。フルオートエアコン、本革巻ステアリングホイール/ATシフトノブ、運転席シートヒーターなど快適装備と、前席SRSエアバッグ、4輪ABS、チャイルドシート固定機構(2、3列目)などの安全装備を揃える。

モノグレード設定で、価格は、229.8万円。狭いニッポン、クロカン乗ってどこへ行く?

いっぽう、マイナーチェンジをうけた「エスクード」は、3ドア車に搭載された1.6リッター直4SOHCが、2リッター直4DOHCにグレードアップ。にもかかわらず価格は2万円ダウンした。さらに、2リッター+5ドア車を15万円、2.5リッター+5ドアを10万円値下げした。
価格は、2リッター+3ドア(5MT)の163.3万円から、2.5リッター+5ドア(4AT)の202.8万円まで。(web CG 有吉)

スズキ「エスクード」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/index.htm
同「グランドエスクード」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/g_escudo/index.htm

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・グランドエスクード(5AT)【試乗記】 2003.8.6 試乗記 スズキ・グランドエスクード(5AT)
    ……246.5万円

    スズキで一番大きい2.7リッターV6を積む本格ヨンク「グランドエスクード」。2003年6月のマイナーチェンジ版に、webCG記者が試乗した。日本では“グランド”だが……。


  • スズキ・グランドエスクード(4AT)【試乗記】 2000.12.15 試乗記 スズキ・グランドエスクード(4AT)
    ……229.8万円

    2000年12月12日、スズキの小型SUV「エスクード」をストレッチ、3列シートを実現した「グランドエスクード」が登場した。「クロスカントリーセダン」が開発テーマのエスクードに対し、こちらは「クロスカントリーワゴン」。デビュー2日後、千葉県幕張にて、プレス向け試乗会が開催された。


  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る