スズキ、新型クロカン「グランドエスクード」発売

2000.12.15 自動車ニュース
 
 
001215_025.gif

スズキ、新型クロカン「グランドエスクード」発売(12/15)

スズキは、7人乗りの新しいクロカン「グランドエスクード」、および「エスクード」の一部モデルを改良し、2000年12月12日に発売した。

「クロスカントリー・ワゴン」をテーマとする「グランドエスクード」は、悪路走破性と居住性、走行性能の共存を目標に開発。「エスクード」5ドアより全長を485mm延長した4575mmのロングボディに、3列シートを載せたのが特徴だ。

パワーユニットは、スズキのラインナップ中最大排気量となる、新開発2.7リッターV6DOHCエンジン(177ps/6000rpm、24.7kgm/4000rpm)。

駆動方式は、2WD(FR)/4WDの切り替えが可能なパートタイム4WD。本格的なヨンクだ。前マクファーソンストラット、後5リンクリジットアクスルの足回りは、エスクードと同じ。トランスミッションは電子制御4段AT。

シートは、1、2列目がスライド/リクライニング、3列目にはリクライニングが可能だ。フルオートエアコン、本革巻ステアリングホイール/ATシフトノブ、運転席シートヒーターなど快適装備と、前席SRSエアバッグ、4輪ABS、チャイルドシート固定機構(2、3列目)などの安全装備を揃える。

モノグレード設定で、価格は、229.8万円。狭いニッポン、クロカン乗ってどこへ行く?

いっぽう、マイナーチェンジをうけた「エスクード」は、3ドア車に搭載された1.6リッター直4SOHCが、2リッター直4DOHCにグレードアップ。にもかかわらず価格は2万円ダウンした。さらに、2リッター+5ドア車を15万円、2.5リッター+5ドアを10万円値下げした。
価格は、2リッター+3ドア(5MT)の163.3万円から、2.5リッター+5ドア(4AT)の202.8万円まで。(web CG 有吉)

スズキ「エスクード」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/index.htm
同「グランドエスクード」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/g_escudo/index.htm

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドエスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・グランドエスクード(5AT)【試乗記】 2003.8.6 試乗記 スズキ・グランドエスクード(5AT)
    ……246.5万円

    スズキで一番大きい2.7リッターV6を積む本格ヨンク「グランドエスクード」。2003年6月のマイナーチェンジ版に、webCG記者が試乗した。日本では“グランド”だが……。


  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る