スズキ、新型クロカン「グランドエスクード」発売

2000.12.15 自動車ニュース
 
 
001215_025.gif

スズキ、新型クロカン「グランドエスクード」発売(12/15)

スズキは、7人乗りの新しいクロカン「グランドエスクード」、および「エスクード」の一部モデルを改良し、2000年12月12日に発売した。

「クロスカントリー・ワゴン」をテーマとする「グランドエスクード」は、悪路走破性と居住性、走行性能の共存を目標に開発。「エスクード」5ドアより全長を485mm延長した4575mmのロングボディに、3列シートを載せたのが特徴だ。

パワーユニットは、スズキのラインナップ中最大排気量となる、新開発2.7リッターV6DOHCエンジン(177ps/6000rpm、24.7kgm/4000rpm)。

駆動方式は、2WD(FR)/4WDの切り替えが可能なパートタイム4WD。本格的なヨンクだ。前マクファーソンストラット、後5リンクリジットアクスルの足回りは、エスクードと同じ。トランスミッションは電子制御4段AT。

シートは、1、2列目がスライド/リクライニング、3列目にはリクライニングが可能だ。フルオートエアコン、本革巻ステアリングホイール/ATシフトノブ、運転席シートヒーターなど快適装備と、前席SRSエアバッグ、4輪ABS、チャイルドシート固定機構(2、3列目)などの安全装備を揃える。

モノグレード設定で、価格は、229.8万円。狭いニッポン、クロカン乗ってどこへ行く?

いっぽう、マイナーチェンジをうけた「エスクード」は、3ドア車に搭載された1.6リッター直4SOHCが、2リッター直4DOHCにグレードアップ。にもかかわらず価格は2万円ダウンした。さらに、2リッター+5ドア車を15万円、2.5リッター+5ドアを10万円値下げした。
価格は、2リッター+3ドア(5MT)の163.3万円から、2.5リッター+5ドア(4AT)の202.8万円まで。(web CG 有吉)

スズキ「エスクード」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/index.htm
同「グランドエスクード」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/g_escudo/index.htm

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・グランドエスクード(5AT)【試乗記】 2003.8.6 試乗記 スズキ・グランドエスクード(5AT)
    ……246.5万円

    スズキで一番大きい2.7リッターV6を積む本格ヨンク「グランドエスクード」。2003年6月のマイナーチェンジ版に、webCG記者が試乗した。日本では“グランド”だが……。


  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る