ランドローバー・フリーランダーが発売

2000.12.19 自動車ニュース
 
 
001219_030.gif

ランドローバー・フリーランダーが発売(12/19)

ランドローバーの末っ子、フリーランダーが2001年2月3日より日本でも発売される。それに先駆けて12月23日よりランドローバー正規ディーラーにて先行予約を受け付ける。価格は295万円から。

ランドローバー・フリーランダーは1997年に登場したコンパクトな4×4モデル。手頃なサイズと、兄貴分のレンジローバーあるいはディスカバリーのモチーフを取り入れたボディデザインが受けてヨーロッパでは高い人気を獲得している。
日本市場に導入されるのは2.5リッターV6エンジンと5段オートマチックを組み合わせたモデル。エンジンは2001年からヨーロッパで施行されるEU3排気ガス規制をクリアしながら177ps(130kW)のパワーと24.5kgm(240Nm)のトルクを発揮する。トランスミッションはレジャー4×4としては珍しく、ノーマルとスポーツの2種類のオートマチックモードに加えてマニュアル操作が可能なステップトロニックも持つという先進的なもの。
駆動面では上級モデルでお馴染みのHDC(ヒルディセントコントロール)、ETC(4輪電子制御トラクションコントロール)、EBD(電子制御制動力配分システム)で万全の体制をとる。

バリエーションは3モデル。いずれもリアガラスが電動式で開く装備や電動格納式ヒーテッドドアミラーなど豪華な装備を持つ。異なるのはシートなどの内装材で、クロスシートの5ドアSが295万円。本革レザーを多用するほか16インチアロイホイール、ルーフレール、左右独立シートヒーターを装備した5ドアESが335万円。クロスシートを用い、よりパーソナルな使用に適した3ドアGSが315万円。5ドアSは4月頃からの納車となるのでご注意を。

問い合わせはランドローバー・フリーダイヤルまで。
0120-18-5568

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始 2017.4.5 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選を経て30台限定で販売する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • ジャガー・ランドローバー雪上試乗会【試乗記】 2017.2.28 試乗記 レンジローバーの走破性能の高さは誰もが知るところ。今回の舞台はスノーロード、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」に雪上で試乗した。併せて、「レンジローバー オートバイオグラフィー」と「ジャガーFペース」にも試乗した。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSEラグジュアリー(4WD/9AT)【試乗記】 2015.6.23 試乗記 ランドローバーの新型SUV「ディスカバリー スポーツ」に試乗。街乗り性能が洗練されても、オフロードの走破性を決して忘れないランドローバー。意外と骨っぽい“ディスコ”だが、だからこそ始まる恋(?)だってあるのだ。
ホームへ戻る