マツダ、「AZ-ワゴン」「キャロル」をマイナーチェンジ

2000.12.19 自動車ニュース
 
 
001219_028.gif

マツダ、「AZ-ワゴン」「キャロル」をマイナーチェンジ(12/19)

マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」(スズキ・ワゴンR)および「キャロル」(スズキ・アルト)をマイナーチェンジし、2000年12月18日から販売を開始した。

両車ともに、マツダのブランドシンボルたる「ファイブポイントグリル」を採用したのが最大の特徴となる。

「AZ-ワゴン」においては、一部グレードに大型マルチリフレクターヘッドランプ、全車に新意匠のバンパーを採用。さらに環境対策を施し、DOHCエンジンのNA車が低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル(優−低排出ガス)の認定を取得、ターボ車が同25パーセント低減レベル(良−低排出ガス)の認定を取得した。
価格は、「FM」(2WD+5MT)の99.5万円から、「RR-TL」(4WD+4AT)の153.3万円まで。

「キャロル」は、全車に新デザインの大型マルチリフレクターヘッドランプとバンパーを装着。「よりスタイリッシュなフロント周りにした」(マツダ)。
また、リーンバーンエンジン搭載車を除く全車が、低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル(優−低排出ガス)を取得。リサイクル性の高いオールアルミ製のDOHCエンジンを全車に搭載したのも新しい。
3ドア「ミレディ」(2WD+5MT)の73.8万円から、5ドア「ミレディエクストラ」(4WD+4AT)の110.5万円まで。(web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ、軽「AZ-ワゴン」をフルモデルチェンジして発売 2008.10.2 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」シリーズをフルモデルチェンジし、2008年9月29日に発売した。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ「スピアーノ」に新グレード追加と一部改良 2003.9.17 自動車ニュース マツダは、スズキからOEM供給を受けている軽乗用車「スピアーノ」(スズキ・アルト ラパン)に、ツインカムターボエンジン搭載の新グレード「SS」と、前席ベンチシートの「L」を追加。同時に従来モデル一部に燃費向上などの改良を施し、2003年9月11日から販売を開始した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その17) 2017.3.10 画像・写真 アストンマーティンはジュネーブモーターショー2017で、スーパースポーツカー「ヴァルキリー」(旧車名「AM-RB 001」)を展示したほか、「ヴァンキッシュS ヴォランテ」を公開した。ロールス・ロイスのブースと併せて紹介する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その14) 2017.3.10 画像・写真 富士重工は第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。併せて、スズキとマツダのブースの様子を紹介する。
ホームへ戻る