マツダ、「AZ-ワゴン」「キャロル」をマイナーチェンジ

2000.12.19 自動車ニュース
 
 
001219_028.gif

マツダ、「AZ-ワゴン」「キャロル」をマイナーチェンジ(12/19)

マツダは、スズキからOEM供給される軽自動車「AZ-ワゴン」(スズキ・ワゴンR)および「キャロル」(スズキ・アルト)をマイナーチェンジし、2000年12月18日から販売を開始した。

両車ともに、マツダのブランドシンボルたる「ファイブポイントグリル」を採用したのが最大の特徴となる。

「AZ-ワゴン」においては、一部グレードに大型マルチリフレクターヘッドランプ、全車に新意匠のバンパーを採用。さらに環境対策を施し、DOHCエンジンのNA車が低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル(優−低排出ガス)の認定を取得、ターボ車が同25パーセント低減レベル(良−低排出ガス)の認定を取得した。
価格は、「FM」(2WD+5MT)の99.5万円から、「RR-TL」(4WD+4AT)の153.3万円まで。

「キャロル」は、全車に新デザインの大型マルチリフレクターヘッドランプとバンパーを装着。「よりスタイリッシュなフロント周りにした」(マツダ)。
また、リーンバーンエンジン搭載車を除く全車が、低排出ガス車認定制度における平成12年基準排出ガス50パーセント低減レベル(優−低排出ガス)を取得。リサイクル性の高いオールアルミ製のDOHCエンジンを全車に搭載したのも新しい。
3ドア「ミレディ」(2WD+5MT)の73.8万円から、5ドア「ミレディエクストラ」(4WD+4AT)の110.5万円まで。(web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
AZ-ワゴンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「AZ-ワゴン」はワゴンRのマツダ版 1998.10.14 自動車ニュース マツダは軽の新規格に適合させた、新型「AZ-ワゴン」を10月13日に発売した。新型スズキ・ワゴンRのマツダ版兄弟車である。先代の「AZ-ワゴン」は1994年、スズキから旧型ワゴンRのOEM供給を受けて登場したモデルだ。今回の新型「AZ-ワゴン」も、スズキから新型のワゴンRの供給を受けて生産される。従ってエンブレム以外、外観上の相違点がない兄弟車となっている。ボディタイプは5ドアのみで、スポーティな外観の「RR」もラインナップに加わっているが、ワゴンRに設定される「1プラス2ドア」は用意されない。搭載されるエンジンは直3SOHC、同ターボ、直3DOHC(LEV) 、同ターボの4種。ワゴンRにあるDOHC・VVT仕様は設定されない。トランスミッションは5MTと3ATのみで、ワゴンRにあるCVTの設定はない。駆動方式はFFと4WDが用意される。安全装備はデュアルエアバッグ、プリテンショナーつきシートベルト、ブレーキアシストつきABSを一部グレードに標準装備、他は5万円でセット・オプション設定する。価格は87.5〜138.7万円で、ワゴンRと実質的に同様である。AZ-ワゴンの方が、ワゴンRより納車が早かったり、値引きがいいかもしれません(?)。(Web CG スヤマ)
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.31 試乗記 見た目はキープコンセプトながら、多くの先進機能を携えて登場した3代目「BMW X3」に試乗。そのライバル車に対するアドバンテージはどこにあるのか。内外装の出来栄えや、走行性能をチェックした。
  • アウディが「Q3」と「TT」「TTS」「TT RS」の装備を強化 2017.9.20 自動車ニュース アウディが「Q3」と「TT/TTS/TT RS」を仕様変更。アウディパーキングシステムの設定を拡大するなど、装備を充実させた。ラインナップの見直しも図っており「Q3」では「2.0 TFSI 220ps」を廃止。「TT RS」については、速度リミッターの設定が280km/hに変更された。
  • アウディ、「Q5」をフルモデルチェンジして発売 2017.9.20 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年9月20日、第2世代となるミドルサイズSUV、新型「Q5」を発表した。同年10月2日に販売を開始する。初代のQ5は2008年にデビューし、8年間で約160万台のセールスを記録。“Qシリーズ”の主力モデルとして重要な役割を果たしてきた。
ホームへ戻る