マツダ、お買い得限定車をプレマシー、MPVに

2000.12.20 自動車ニュース
 
 
001220_034.gif

マツダ、お買い得限定車をプレマシー、MPVに(12/20)

マツダは、ミニバン「プレマシー」「MPV」に特別限定車「アストラル・シリーズ」を設定、2000年12月19日に発売した。

両車に共通の装備を与えた3車種を用意、「アストラル・シリーズ」と総称した。撥水フロントドアガラス&ドアミラーやフロントフォグランプなど機能的な装備を充実させた「アストラル」、木目調パネル、15インチアルミホイールなどにより質感を高めた「アストラル・エレガント」、そして、エアロパーツ、16インチタイヤ&アルミホイールなど装備しスポーティな外観がウリの「アストラル・スポーティ」である。価格はどれも同じだ。

各種装備を付与しつつ価格を抑え、割安感を出す。

■プレマシー「アストラル・シリーズ」
5人乗り 184.8万円
7人乗り 189.8万円

■MPV「アストラル・シリーズ」 
全車7人乗り 219.8万円

なお、「アストラル・シリーズ」は、マツダらしさを前面に押し出す「MMプロジェクト」の一環である。
(web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
プレマシーMPVマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・プレマシー20E(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.9.7 試乗記 ……227万7000円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジで見た目が大きく変わった、マツダのミニバン「プレマシー」。売れ筋のFF、アイドリングストップ付きモデルで、中身の仕上がり具合を試した。
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ホンダPCX(MR/CVT)/PCX150<ABS>(MR/CVT)【レビュー】 2018.4.25 試乗記 通勤やツーリングの友として絶大な人気を誇る、ホンダのスクーター「PCX」。“パーソナルコンフォートサルーン”という開発テーマを具体化した最新型は、クラスを超えた走りを味わわせてくれた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
ホームへ戻る