スバル・プレオ「ニコット」誕生!

2000.12.26 自動車ニュース
 
 
001226_042.gif

スバル・プレオ「ニコット」誕生!(12/26)

クールなナカタもニッコリ!? 
2000年12月25日、スバルの「軽」プレオに新グレード「ニコット」が加わった。その名の通り、ニッコリとしたフェイスが特徴。

パワーソースには、「甲乙丙丁」4種類のうち、普及版「丙」こと、658cc直4SOHC「マイルドチャージ」ユニット(60ps、7.6kgm)を搭載。これは、ルーツ型スーパーチャージャーをゆっくり回して中低回転域のトルクを太らせた、実用重視の低圧過給エンジンだ。
女性をターゲットユーザーとしているためか、トランスミッションは、スバル得意のCVTのみ。FFのほか、4WDモデルもラインナップされる。

ボディカラーは、「チェイスイエロー」と「ピュアホワイト」の2色。フォグランプ、カラードドアミラー、そして白いアルミホイールが装備されるほか、パステルブルーのシート地&ドアトリムはじめ、スピードメーター、センターパネルなど、「ニコット専用」パーツがいっぱい。
価格は控え目な、2WD/4WD=108.9/118.9万円。

スポーティな「LS」、過激な「RS/RM」、レトロな「Nesta」、そして可愛い「Nicot」。あなたはどれにする?ってか。

詳細は、「202.217.201.209/showroom/nicot/」まで。

(web CG アオキ)

 
 
関連記事
  • スバル、新型「プレオ プラス」を発売 2017.5.9 自動車ニュース スバルは2017年5月9日、新型「プレオ プラス」を発売した。兄弟車の「ダイハツ・ミラ イース」と足並みをそろえて安全性能を強化したほか、使い勝手や走行性能、燃費性能などを改善した。車両価格は89万6400~135万円。
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • 新型「スバル・プレオ」がデビュー 2010.4.20 自動車ニュース 富士重工業は2010年4月20日、軽乗用車「プレオ」の新型を発売した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る