「ジープチェロキー」、生産終了へ

2001.01.09 自動車ニュース
 
 
010109_007.gif

「ジープチェロキー」、生産終了へ(1/9)

1月5日付の日本経済新聞によると、ダイムラークライスラーは、主力SUV「ジープチェロキー」の生産を、今年半ばで終了することを発表した。

主な原因は、旧クライスラー部門の業績不振とされる。同部門は2000年7-9月期に赤字に転落、特にチェロキーの落ち込みは著しく、昨年のアメリカでの販売台数は14万台と、前年比で14パーセントも減っていた。

今後は、この春発売予定の新型車「ジープ・リバティ」に販売力を傾注。ラインナップの入れ替えにより業績アップを図る。

「チェロキー」は、4ドアSUV(スポーツユーティリティビークル)の先駆け的存在として、1983年にデビュー。国内では、97年までホンダが販売していたことでも知られる。

(web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
ホームへ戻る