「ジープチェロキー」、生産終了へ

2001.01.09 自動車ニュース
 
 
010109_007.gif

「ジープチェロキー」、生産終了へ(1/9)

1月5日付の日本経済新聞によると、ダイムラークライスラーは、主力SUV「ジープチェロキー」の生産を、今年半ばで終了することを発表した。

主な原因は、旧クライスラー部門の業績不振とされる。同部門は2000年7-9月期に赤字に転落、特にチェロキーの落ち込みは著しく、昨年のアメリカでの販売台数は14万台と、前年比で14パーセントも減っていた。

今後は、この春発売予定の新型車「ジープ・リバティ」に販売力を傾注。ラインナップの入れ替えにより業績アップを図る。

「チェロキー」は、4ドアSUV(スポーツユーティリティビークル)の先駆け的存在として、1983年にデビュー。国内では、97年までホンダが販売していたことでも知られる。

(web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • 新型「ジープ・コンパス」、10月30日にデビュー 2017.10.2 自動車ニュース FCAジャパンが、2017年10月30日に新型「ジープ・コンパス」を発表する。コンパスはモダンなスタイリングを特徴とするジープブランドのクロスオーバーSUVであり、2代目となる新型は機能性、快適性、安全性などが全方位的に高められているという。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)/フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.1 試乗記 長野県は白馬で「ジープ・レネゲード トレイルホーク」と「フィアット500Xクロスプラス」に試乗。雪道での試乗を通して感じた、同じプラットフォームから生まれた“兄弟車”とは思えない、両モデルの個性の違いをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る