ポルシェデザインのスバル・レガシィ「BLITZEN」

2001.01.15 自動車ニュース
 
 
010115_023.gif

ポルシェデザインのスバル・レガシィ「BLITZEN」(1/15)

富士重工業系のチューナー、スバルテクニカインターナショナルは、「レガシィツーリングワゴン」および「レガシィB4」ベースの限定車「BLITZEN 2001 model」を、2001年1月24日に発売する。前回はセダンのB4のみだったが、今回はワゴンにもBLITZENが加わった。

最大の特徴は、独ポルシェデザイン社と富士重工が共同開発した、フロント/リアバンパー、フロントグリル、リアスポイラー(B4のみ)、17インチアルミホイールなどの外装部品だ。ソニー製オーディオ「ドライビングサウンドシステムfor BLITZEN」(AM/FM電子チューナー+MDプレーヤー+CDプレーヤー+ハイパワーアンプ)は、B4に標準、ツーリングワゴンにオプション設定される。

さらに5MT車には、トラクション性能を重視したフロントヘリカルLSDを設定。スポーツ性を打ち出したプレミアムモデルという位置付けだ。

価格は、ツーリングワゴンが327.5万円(5MT)と333.0万円(4AT)、B4が306.5万円(5MT)と312.0万円(4AT)。1000台限定。

(webCG 有吉)

スバルテクニカインターナショナル「BLITZEN 2001 model」サイト:
http://www.subaru-sti.co.jp/blitzen/index.htm

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る