F1マシン、お台場を走る!

2001.10.09 自動車ニュース

F1マシン、お台場を走る!

2001年のF1最終戦 日本GP開幕を4日後にひかえた2001年10月8日、東京・お台場で、フジテレビジョン主催のイベント「フジテレビ F1スーパーラン IN ODAIBA」が開催された。1997年のワールドチャンピオン ジャック・ヴィルヌーヴと、“今いちばんF1に近い日本人”、2001年英国F3チャンピオンの佐藤琢磨が、F1マシン「BAR002」のデモ走行を行い、観客の目と耳を楽しませた。




■市街地レースへの足がかり?

「フジテレビ F1スーパーラン IN ODAIBA」は、鈴鹿でのF1GP開催15周年を記念して、同GPの冠スポンサーにして放映権をもつフジテレビジョンが主催したもの。フジテレビ社屋横の青海臨時駐車場に、全長532mの特設サーキットを設置。ヴィルヌーヴ、佐藤をはじめとする人気ドライバーを集め、新旧のF1マシンを走らせようという、なかなか興味深いイベントである。
特設コースとはいえ、F1マシンがサーキット以外の場所を走ることは珍しい。たびたび持ち上がっては消える「日本初の市街地レース開催」への布石という意味合いも、あったのかもしれない。

体育の日の月曜日、お台場は朝から曇り。イベントの幕開けを飾る、「BAR002」と、1967年のホンダF1マシン「RA300」のパレード走行が終わる頃には、冷たい雨が振りはじめた。しかし、あいにくの空模様でも沢山の観客が会場に足を運び、主催者の発表では、パレード走行に5000人、特設コースでのデモ走行に1200人が集まった。

ウェットな低ミュー路面という難しいコンディションにもかかわらず、佐藤琢磨はホンダV10を轟かせ、マシンを左右に振って激しいドライビングを5周にわたって披露。サービス精神旺盛。


■グランプリで勝つ

中嶋悟、鈴木亜久里の元F1ドライバー組や、今宮純、森脇基恭、川井一仁らフジテレビコメンタリー陣が顔を揃える中、ひときわ注目を集めていたのが、佐藤琢磨だった。
アイルトン・セナやミカ・ハッキネンらを輩出した名門カテゴリー、英国F3選手権で26戦12勝し、見事2001年タイトルを獲得した佐藤。F3の合間にはBARホンダのテストにも参加、最高峰 F1に近づきつつある、今年24歳の“ライジングスター”だ。

雨模様に加え、日本のファンの前で初のF1走行、ちょっと緊張しているのでは、というwebCG記者の心配をよそに、佐藤琢磨は晴れやかな表情で現れた。

「先週帰国しました。今は、お風呂に入って、日本食を食べて、リラックスしています」と気取らない発言をするいっぽう、レースの話になれば、貫禄すら感じる落ち着いた口調になる。

デモ走行の合間に行われたトークショーで、2001年シーズンを振り返った佐藤は、「勝ち星とかよりも、今シーズンのレースひとつひとつが思い出深いんです」とコメント。「勝ったうち、ポールトゥフィニッシュは半分くらい。そのほかは、2、3番手からスタートして、バトルをして争いに勝ったんです。このことは自分にとってとても大きいことなんです」。

誰もが気になる来シーズンの動向については、「まだ決まっていませんが」としたものの、「デモ走行だけで終わらせるつもりはありません。一生懸命戦って、グランプリで優勝できるレベルまで行きたい」とコメント。「F1に行く」ではなく「F1で勝つ」と公言する、今までにないタイプの日本人ドライバーだ。
10月4日付けの英国モータースポーツ誌「オートスポーツ」で「ジョーダン・ホンダ入り寸前か」と報道された佐藤琢磨。我々を喜ばせるニュースを近々提供してくれるかもしれない。

黄色い声援をうけたふたり、佐藤琢磨(左)とジャック・ヴィルヌーヴ(右)。「まだミスもあるけど、オープンマインドな性格だし、有望な人材だと思う」とは、ジャックの佐藤琢磨評。


■勝つヴィルヌーヴを見たいんだ!

佐藤と並んで沢山の声援をあびていたのが、ジャック・ヴィルヌーヴだった。F1デビュー2年目の1997年にウィリアムズ・ルノーでタイトルを獲得。98年をランキング5位で終えた後、99年に新興チームBARへと移籍したジャックは、もう4年間も勝利に恵まれていない。

歯に衣着せぬ発言、(薄い)アタマを金髪に染めたりする奇抜な行動が個人的に大好きなwebCG記者は、ファンの気持ちを代弁し、ジャックにこう質問した。「いつ、勝ってくれますか?僕らは待っているんです」。

しかし、その答えはあたり障りのないものだった。「もしかしたら、今度の鈴鹿でそれが起きるかもよ...」。
すっかりはぐらかされてしまったので、「ホントに勝てると思ってますか?」とツッコミを入れてみた。ジャックは苦笑いで「まあ、分からないよ」とお茶を濁し、短い合同インタビューは終わった。

佐藤のまわりには、あっという間に人だかりができる。24歳とは思えない落ち着いた態度に、「近い将来何かやってくれる」という期待を抱かずにはいられない。


■15年目の鈴鹿へ

10月12日から、F1日本GPが開かれる。ブリヂストン対ミシュランの「タイヤ戦争」の影響で、今シーズンは各コースでレコードタイムを塗り替える現象が起きている。鈴鹿のレコードタイム、1991年にゲルハルト・ベルガー(マクラーレン・ホンダ)が記録した1分34秒700が破られるかどうか。はたまた、クルタード対バリケロのランキング2位争いの行方や、休養前最後のレースをむかえるミカ・ハッキネンの走りなど、話題はつきない。

決勝レースの模様は、14日(日)の22時から、フジテレビ系列で放映される。

(webCG 有吉)

※なお、8日午後に放送が予定されていたイベント番組は、米英軍によるアフガニスタン空爆についての報道特別番組に変更された。今後の放映予定は未定という。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。