マツダ「ファミリアSワゴン」などに特別限定車

2001.10.16 自動車ニュース

マツダ「ファミリアSワゴン」などに特別限定車

マツダは、「ファミリアS-ワゴン」など4車種に、アウトドア向けを謳う特別限定車「フィールドブレイク」シリーズを設定、2001年10月15日に発売した。

「フィールドブレイク」シリーズが設定されたのは、「ファミリアS-ワゴン」「プレマシー」「MPV」「トリビュート」の4車種。それぞれ、専用の外装や特別装備を盛り込み、「アウトドアレジャーへの対応力を高めた」(プレスリリース)。

4車共通の主な特徴は以下のとおり。

・専用のフロントバンパーフェイスカバー、サイド/リアアンダープロテクターを装備し、アクティブさを演出
・明るく長寿命とされるディスチャージヘッドランプ、大型フォグランプ、リアフォグランプ、撥水フロントガラスなど、夜間や悪天候時に役立つ装備を採用
・前席後ろに、折りたたみ式テーブルを付与。加えて、撥水加工シート、ドアの開閉に連動して足もとを照らすグラウンドイルミネーションランプを採用

上記のような装備充実を図りつつ、価格を低く抑え、お買い得感を出したという。販売台数は4車種合わせて限定約12000台。

「フィールドブレイク」
ファミリアS-ワゴン(2リッター): 199.8万円(2WD)、219.8万円(4WD)
プレマシー(1.8リッター): 191.8万円(2WD)、211.8万円(4WD)
MPV: 2リッター+2WDが235.8万円、2.5リッター+2WDは259.8万円、同4WDは283.8万円
トリビュート: 2リッター+4WDが236.8万円、3リッター+2WDも236.8万円、同4WDは261.8万円

(webCG 大澤)

 
マツダ「ファミリアSワゴン」などに特別限定車の画像

関連キーワード:
プレマシーMPVマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • 特別な内外装のマツダ・ビアンテ グランツ発売 2012.1.26 自動車ニュース マツダは、ミニバン「ビアンテ」に特別仕様車「GRANZ(グランツ)」と「GRANZ-C」を設定し、2012年1月26日に発売した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る