ホンダシビック「TYPE R」がフルモデルチェンジ

2001.10.19 自動車ニュース

ホンダシビック「TYPE R」がフルモデルチェンジ

本田技研工業は、シビックのホットモデル「TYPE R」をフルモデルチェンジし、2001年12月16日に発売する。

2001年2月のジュネーブショーではじめて一般公開された3ドアのシビック「TYPE R」。今回発売されるモデルは、英国にあるHonda of UK Manufacturingで生産され、日本へ輸出される。

開発コンセプトは、「Dangan Hot Hatch」。とても塊感が強いプロポーションは、まさしく“弾丸”だ。

パワーユニットは、ホンダごジマンの「i-VTEC」を備えた、高回転、高出力を謳う2リッター直4DOHCエンジン。215ps/8000rpm、20.6kgm/7000rpmを発生する。「インテグラTYPE R」と同じ型のエンジンだが、シビックのそれは5psデチューンされたものとなる。
組み合わされるトランスミッションは、クロスレシオの6段マニュアル。欧州のサーキットで鍛えたという専用チューニングを施したサスペンションと205/4517タイヤで、足もとの強化を図る。

エアロパーツや軽量ホイール、赤いエンブレムがついたエクステリア、さらにはインパネシフトに装着されるアルミ製シフトノブやレカロ製バケットシート、MOMO製本革巻きスポーツステアリングホイールなど、「TYPE R」お馴染みの装備を装着する。

価格は、220.0万円。オートエアコンやパワーウィンドウなど快適装備を追加したモデルは、33.0万円高となる。

(webCG 有吉)

 
ホンダシビック「TYPE R」がフルモデルチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る