スバル、「エクシーガ」を改良

2012.07.03 自動車ニュース

スバル、「エクシーガ」を改良

富士重工業は2012年7月3日、「スバル・エクシーガ」を改良し発売した。

今回の改良では、カメラを使って衝突を回避する安全技術「EyeSight(ver.2)」を搭載するグレードが追加されたほか、新世代ボクサーエンジンと新リニアトロニック(CVT)により運動性能と環境性能が向上、一部グレードでは「平成27年度燃費基準」を達成した。また、グレード展開や価格設定の見直しも実施している。
車両価格は「2.0i」の218万4000円から「2.0GT EyeSight アルカンターラセレクション」の292万9500円まで。


<主な改良内容>
・「EyeSight(ver.2)」の搭載グレードをNA車、ターボ車共に設定。衝突回避性能に優れたプリクラッシュブレーキ、自然な車速制御を行う全車速追従機能付クルーズコントロールなど、安全性の強化と運転負荷の軽減
・「レガシィ」に搭載されている2.5リッター新世代ボクサーエンジンを搭載
・新リニアトロニック(CVT)の採用
・アイドリングストップ機能の搭載
・フロントサスペンションのダンパーに新バルブを採用
・2列目シートの中央席部に、シートバック内蔵タイプの3点式ELRシートベルトを全車標準装備
・アクセルとブレーキが同時に踏まれた場合、エンジン出力を絞りブレーキを優先させる「ブレーキオーバーライド(ブレーキ操作優先制御)」を「2.5i」「2.5i EyeSight」に採用
・ボディー色に、新たに「ディープシーブルー・パール」「ダークグレー・メタリック」「ディープチェリー・パール」「ヴェネチアンレッド・パール」の4色を追加
・新デザインの17インチアルミホイールを採用(「2.5i」「2.5i EyeSight」「2.0GT EyeSight」)
・ミラー面積を拡大し視認性を向上させた新デザインのドアミラーを採用
・従来メーカー装着オプションとしていた、「クルーズコントロール」と「クリアビューパック」(「フロントワイパーデアイサー」「ヒーテッドドアミラー」「撥水(はっすい)加工フロントドアガラス」)を全車に標準装備

(文=工藤考浩)

「スバル・エクシーガ 2.5i EyeSight」
「スバル・エクシーガ 2.5i EyeSight」
インテリア
インテリア
「EyeSight(ver.2)」のステレオカメラ
「EyeSight(ver.2)」のステレオカメラ
新リニアトロニック(CVT)
新リニアトロニック(CVT)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る