日産「キューブ」に新グレード追加

2001.10.22 自動車ニュース

日産「キューブ」に新グレード追加

日産自動車は、小型ワゴン「キューブ」に、オーディオなどを装備した新グレード「アルテII」と「アルテII-α」を追加設定。福祉車両とともに、2001年10月18日に発売した。

今回追加された「アルテII」「アルテII-α」は、それぞれ「アルテ」と、同モデルのエンジンを16psパワーアップした「アルテ-α」に、専用装備を施したモデルだ。

2台共通の特別装備として、MD/CD一体型電子チューナーラジオ、専用シート地、専用ドアトリムや運転席アームレストなどを採用。エクステリアには、フルカラーバンパー、プライバシーガラスなどが装備される。ボディ色は、既存の6色に加え、「アルテII」には専用色「オパールラベンダー」を与えた。

価格は、「アルテII」がコラムシフト4ATの119.8万円から、マニュアル操作もできるCVT「HYPER CVT-M6」搭載の145.6万円まで。「アルテII-α」は「HYPER CVT-M6」のみで、129.8万円。2グレードあわせて、月販5000台を目指す。

同日、日産自動車の関連会社(株)オーテックジャパンから、上記の「アルテII」をベースにした福祉車両「アンシャンテ」「チェアキャブ」「ドライビングヘルパー」が発売された。

「アンシャンテ」は、膝や腰などを痛めた人など、クルマへの乗り降りに不自由を感じる人のための車両。「助手席回転シート」と、「車椅子収納装置」(オプション)が装備される。
「チェアキャブ」は手動式の「スロープ」と「車椅子固定装置」などを備えたもの。バックドアを開けて車椅子のまま乗り込み、移動が可能という。
「ドライビングヘルパー」は、主に下肢に障害を持つ人のために、アクセルとブレーキ操作を手でできるようにしたもの。「手動運転装置」のほかに、専用パワーステアリングなどが装備される。

価格は「アンシャンテ」の2WD/4ATモデルが129.3万円、4WD/HYPER CVTモデルが153.6万円、「チェアキャブ」(2WD/HYPER CVT)218.9万円、「ドライビングヘルパー」の2WD/4ATモデルが121.3万円、4WD/HYPER CVTモデルが145.6万円となる。

(webCG 大澤)

 
日産「キューブ」に新グレード追加の画像
関連記事
  • 日産キューブ15G(FF/CVT)【試乗記】 2009.1.26 試乗記 日産キューブ15G(FF/CVT)
    ……237万8250円

    日本にはダメな部分もたくさんあるけれど、世界に誇れるものもあるのではないか。新型「日産キューブ」は、そんな大げさなことを考えさせてくれたのだった。
  • 日産キューブ アクシス/キューブ ライダー パフォーマンススペック 2013.3.22 画像・写真 オーテックジャパンがカスタマイズした2台の特別な「日産キューブ」を写真で紹介。
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2009.3.5 試乗記 ……218万4000円
    総合評価……★★★★

    3代目になった、シカクい日産車「キューブ」。相変わらずユニークな内外装は目を引くが、さて、肝心の乗り心地のほうは……?
  • 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)/15G(FF/CVT)【試乗速報】 2008.12.18 試乗記 日産キューブ15X Vセレクション(FF/CVT)/15G(FF/CVT)
    ……212万1000円/222万750円


    個性的キャラクターが人気の「キューブ」がフルモデルチェンジ。ついに海外進出を果たした3世代目は、どのような印象か? 先代キューブをこよなく愛するリポーターがさっそく試乗した。
  • 日産キューブEX(4AT/CVT)【試乗記】 2002.10.15 試乗記 日産キューブEX(4AT/CVT)
    ……144.2/147.0万円

    メディア、評論家の声をよそに(?)思わぬヒット作となった日産キューブ。貴重な稼ぎ手の新しいモデルは、角がとれたキューブ。さっそくステアリングホイールを握った自動車ジャーナリスト、河村康彦は、しかし気になる点があるのだった……。


  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る