日産「キューブ」に新グレード追加

2001.10.22 自動車ニュース

日産「キューブ」に新グレード追加

日産自動車は、小型ワゴン「キューブ」に、オーディオなどを装備した新グレード「アルテII」と「アルテII-α」を追加設定。福祉車両とともに、2001年10月18日に発売した。

今回追加された「アルテII」「アルテII-α」は、それぞれ「アルテ」と、同モデルのエンジンを16psパワーアップした「アルテ-α」に、専用装備を施したモデルだ。

2台共通の特別装備として、MD/CD一体型電子チューナーラジオ、専用シート地、専用ドアトリムや運転席アームレストなどを採用。エクステリアには、フルカラーバンパー、プライバシーガラスなどが装備される。ボディ色は、既存の6色に加え、「アルテII」には専用色「オパールラベンダー」を与えた。

価格は、「アルテII」がコラムシフト4ATの119.8万円から、マニュアル操作もできるCVT「HYPER CVT-M6」搭載の145.6万円まで。「アルテII-α」は「HYPER CVT-M6」のみで、129.8万円。2グレードあわせて、月販5000台を目指す。

同日、日産自動車の関連会社(株)オーテックジャパンから、上記の「アルテII」をベースにした福祉車両「アンシャンテ」「チェアキャブ」「ドライビングヘルパー」が発売された。

「アンシャンテ」は、膝や腰などを痛めた人など、クルマへの乗り降りに不自由を感じる人のための車両。「助手席回転シート」と、「車椅子収納装置」(オプション)が装備される。
「チェアキャブ」は手動式の「スロープ」と「車椅子固定装置」などを備えたもの。バックドアを開けて車椅子のまま乗り込み、移動が可能という。
「ドライビングヘルパー」は、主に下肢に障害を持つ人のために、アクセルとブレーキ操作を手でできるようにしたもの。「手動運転装置」のほかに、専用パワーステアリングなどが装備される。

価格は「アンシャンテ」の2WD/4ATモデルが129.3万円、4WD/HYPER CVTモデルが153.6万円、「チェアキャブ」(2WD/HYPER CVT)218.9万円、「ドライビングヘルパー」の2WD/4ATモデルが121.3万円、4WD/HYPER CVTモデルが145.6万円となる。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。