ロータスのハイブリッドスポーツは1000Nm!

2012.07.03 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラ414Eハイブリッド」
最大トルク1000Nm、ロータスのハイブリッドスポーツ

最大トルク1000Nm! ロータスのハイブリッドスポーツ

英ロータスは2012年7月1日、ハイブリッドシステム搭載のスポーツカー「エヴォーラ414Eハイブリッド」の概要を発表した。現在、イギリス・ノーフォークにある本社で開発が行われている。

「エヴォーラ414E」のエンジンルームならぬ“モータールーム”。2基のモーターを搭載し、102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを誇るという。
最大トルク1000Nm、ロータスのハイブリッドスポーツ

「ロータス・エヴォーラ414Eハイブリッド」が採用するハイブリッドシステムは、「レンジエクステンダー」と呼ばれるエンジンが発電を行い、駆動はモーターのみに依存する、いわゆるシリーズ方式である。

キャビン後方のエンジンルームには、発電用の3気筒エンジンのほか、2基のモーターが収まり、414psの最高出力と102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを発生するとうたわれる。加速性能は0-97km/h(60マイル)が約4秒。最高速は209km/h。

バッテリーに蓄えられた電力のみでの航続距離は約48km。発電用のエンジンは、ガソリンのほか、メタノールやエタノールなどのアルコール燃料で作動させることもでき、55g/kmのCO2排出量(NEDC:新欧州走行サイクル)を目指すという。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
エヴォーラロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記