ロータスのハイブリッドスポーツは1000Nm!

2012.07.03 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラ414Eハイブリッド」
最大トルク1000Nm、ロータスのハイブリッドスポーツ

最大トルク1000Nm! ロータスのハイブリッドスポーツ

英ロータスは2012年7月1日、ハイブリッドシステム搭載のスポーツカー「エヴォーラ414Eハイブリッド」の概要を発表した。現在、イギリス・ノーフォークにある本社で開発が行われている。

「エヴォーラ414E」のエンジンルームならぬ“モータールーム”。2基のモーターを搭載し、102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを誇るという。
最大トルク1000Nm、ロータスのハイブリッドスポーツ

「ロータス・エヴォーラ414Eハイブリッド」が採用するハイブリッドシステムは、「レンジエクステンダー」と呼ばれるエンジンが発電を行い、駆動はモーターのみに依存する、いわゆるシリーズ方式である。

キャビン後方のエンジンルームには、発電用の3気筒エンジンのほか、2基のモーターが収まり、414psの最高出力と102.0kgm(1000Nm)の最大トルクを発生するとうたわれる。加速性能は0-97km/h(60マイル)が約4秒。最高速は209km/h。

バッテリーに蓄えられた電力のみでの航続距離は約48km。発電用のエンジンは、ガソリンのほか、メタノールやエタノールなどのアルコール燃料で作動させることもでき、55g/kmのCO2排出量(NEDC:新欧州走行サイクル)を目指すという。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る