ホンダ「ストリーム」をマイナーチェンジ

2001.10.24 自動車ニュース

ホンダ「ストリーム」をマイナーチェンジ

ホンダは2001年10月19日、ホンダのコンパクトミニバン「ストリーム」をマイナーモデルチェンジして発売した。

「ストリーム」は「グローバルコンパクトプラットフォーム」と呼ばれるシビックのシャシーを伸ばしてつくられた、3列シートを持つ7人乗りのミニバン。今回のマイナーチェンジは小規模なもので、室内装備やパッケージの追加が中心。価格据え置きのまま、使い勝手を向上させたという。

主な変更点は以下のとおり。

・全車にキーレスエントリーを標準装備
・最廉価モデルGタイプを除く全モデルに、コインホルダー、助手席コンビにフック、2列目シートにグラブレールフックを標準装備
・本革エクセーヌコンビネーションシート、パンチングメタル調のセンターパネルやメーターパネル、などを装備する「ブラックレザーパッケージ」を、「iS」」と「L」タイプのSパッケージに設定。これには外装色「ミラノレッド」も追加された
・センターテーブル、リモコンキー、インパネトレイマット、バニティミラー付きサンバイザー、イグニッションキー照明を装備する「Uパッケージ」を設定(Gタイプを除く)
・オプション設定のホンダ・ナビゲーションシステムに、リアカメラを搭載
・「iL」と「L」のインテリアカラーが、グレーとブルーグレーの2色に

価格は、1.7リッターSOHC VTEC搭載モデル「Gタイプ」(FWD、4AT)の158.8万円から、2リッターDOHC iVTEC搭載の「iSタイプ」(4WD、4AT)の227.8万円まで。なおストリームは全タイプ、グリーン税制による減税措置が適応される。

 
ホンダ「ストリーム」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
ストリームホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る