ホンダ「ストリーム」をマイナーチェンジ

2001.10.24 自動車ニュース

ホンダ「ストリーム」をマイナーチェンジ

ホンダは2001年10月19日、ホンダのコンパクトミニバン「ストリーム」をマイナーモデルチェンジして発売した。

「ストリーム」は「グローバルコンパクトプラットフォーム」と呼ばれるシビックのシャシーを伸ばしてつくられた、3列シートを持つ7人乗りのミニバン。今回のマイナーチェンジは小規模なもので、室内装備やパッケージの追加が中心。価格据え置きのまま、使い勝手を向上させたという。

主な変更点は以下のとおり。

・全車にキーレスエントリーを標準装備
・最廉価モデルGタイプを除く全モデルに、コインホルダー、助手席コンビにフック、2列目シートにグラブレールフックを標準装備
・本革エクセーヌコンビネーションシート、パンチングメタル調のセンターパネルやメーターパネル、などを装備する「ブラックレザーパッケージ」を、「iS」」と「L」タイプのSパッケージに設定。これには外装色「ミラノレッド」も追加された
・センターテーブル、リモコンキー、インパネトレイマット、バニティミラー付きサンバイザー、イグニッションキー照明を装備する「Uパッケージ」を設定(Gタイプを除く)
・オプション設定のホンダ・ナビゲーションシステムに、リアカメラを搭載
・「iL」と「L」のインテリアカラーが、グレーとブルーグレーの2色に

価格は、1.7リッターSOHC VTEC搭載モデル「Gタイプ」(FWD、4AT)の158.8万円から、2リッターDOHC iVTEC搭載の「iSタイプ」(4WD、4AT)の227.8万円まで。なおストリームは全タイプ、グリーン税制による減税措置が適応される。

 
ホンダ「ストリーム」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストリームの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る