東京モーターショー:スバル(富士重工業)

2001.10.25 自動車ニュース
 

東京モーターショー:スバル(富士重工業)

スバル=富士重工業は、第35回東京モーターショーの初日である2001年10月24日、プレスカンファレンスを開き、コンセプトカーを含む19台を紹介した。


日産や日本興業銀行OBが歴代トップを占めてきた富士重工業。竹中社長は、初の「はえぬき」、しかも25人ものライバルを抜いての抜擢をうけた人物だ。
 

“はえぬき人事”が話題になった竹中恭二 富士重工業社長は、資本提携先ゼネラルモーターズ(GM)のCEOリック・ワゴナー氏、同じくGMファミリーであるスズキの鈴木修取締役会長らを招いて堂々のスピーチ。「新社長の構想」として、これから4つのテーマを軸にして経営を進めていくと述べた。

「4つのテーマ」とは、「新たなるブランド価値の確立」「顧客創造型の商品開発」「デザイン改革」、そして「開発スピードの一層の加速」。これからも個性的なクルマづくりを続けて行くと、聞く人がハッキリ理解できる、分かりやすいスピーチは、なかなか好感の持てるものだった。


5+2シーターワゴン、「WX-01」
 

そんな簡潔で分かりやすい竹中社長のスピーチと同様、合計19台の出品車両も「4つのステージ」にスッキリと分けての展示。“5+2シーター”の7人乗りワゴン「WX-01」や、4WDを搭載するハイブリッド・コンパクトカー「HM-01」といったコンセプトカーに加え、いつ発売されてもおかしくない程の完成度を誇る、現在の量販モデルをベースとした参考出品車も多数展示。“元気なスバル”を見る人に印象づける。


名車「スバル360」を彷彿とさせるボディに、658cc直4SOHCユニットとCVT、後輪に備わる電動モーターを搭載する「HM-01」
 

カンファレンスでは、「すでに“新発想”の水平対向エンジン搭載用のプラットフォームの開発がスタートしている」ことも明らかにされた。具体的には、これが「次期レガシィ」の骨格としてデビューをすることになる。

スバルは、ひとつのプラットフォームを基本に、無駄なく様々な車種に発展させ、業績好調を維持してきた。すなわち、現在開発中と発表されたこの新プラットフォームの成否は、そのまま将来のスバルの運命を左右するもの、といえる。

(河村康彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。