東京モーターショー:BMW

2001.10.25 自動車ニュース

東京モーターショー:BMW

■すべてがプレミアムセグメント

新型「MINI」を従えて東京モーターショーにやってきたBMWは、2001年10月24日、幕張メッセ西ホールでプレスカンファレンスを開き、MINIのスポーティモデル「クーパーS」を世界初公開した。

カンファレンスでスピーチを行ったのは、独BMW AGのヨアヒム・ミルベルク社長と、BMWジャパンのマンフレート・エルムリッヒ会長。両者の口から連呼された、「プレミアムセグメント」という言葉が、MINI、そして2003年に加わる予定のロールスロイスを含めた「BMWグループ」の姿をあらわしていた。

なかでも特に強調されたのが“プレミアムスモール”としてのMINI。そもそも「高級車とは全長が何m以上、値段がいくら以上...」というようなものではない、それを決めるのは品質の高さであり、強く明確な個性である、というのがBMWの主張である。

スーパーチャージャー付きのスポーティMINI「クーパーS」を、ここ東京ショーで世界初のお披露目し、カンファレンスは幕を閉じた。

(道田宣和)

 
東京モーターショー:BMWの画像
世界初公開「MINIクーパーS」(写真上)
BMWブースに置かれたゴーカート、かと思いきや、「MINI」を擬似ドライブできるゲームだった(写真下)

 
世界初公開「MINIクーパーS」(写真上)
	BMWブースに置かれたゴーカート、かと思いきや、「MINI」を擬似ドライブできるゲームだった(写真下)
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。