東京モーターショー:キャディラック

2001.10.25 自動車ニュース
 

東京モーターショー:キャディラック

GMのプレスブリーフィングは、2001年10月24日13時15分から東ホールで開催された。GMアジアパシフィックプレミアムブランド担当ピーター・ルフリ ジェネラルマネージャーが説明にあたった。


日本には2002年前半から導入予定のキャディラックCTS
 

会場では、まずビデオが流され、街頭インタビューを通してキャディラックのイメージ変化が強調された。つまり、「デカイ」「昔の憧れ」「四角い」から「カッコいい」「クール」「スポーティ」へと。後者の答えは、新しいモデル「CTS」のビデオを見たから、というオチがつく。キャディラックの発表は、徹底的にニューカーCTSを紹介するカタチで展開された。

キャディラックは「CTS」を皮切りに、今後18カ月でFF(前輪駆動)、FR(後輪駆動)とりまぜ5車種(3車種は全世界/2車種は北米・中東向け)が市場に投入される。「世界中それぞれのマーケットに特化することが大事」とルフリ氏は言う。CTSはじめ日本仕様車は、「右、左、どちらのハンドルも選べ、全幅1.8m以内、エンジンは2.6リッターV6をメインとする」と具体例が述べられた。CTSはスタイル、性能、品質に優れ、「乗り手に成功を認知させるクルマ」と定義づけられる。

日本への輸入が予想されるCTS 2003年モデルは、2.6リッターV6(185ps、25.0kgm)と3.2リッターV6(220ps、29.6kgm)の2種類。いずれも5段ATと組み合わされ、後輪を駆動する。後者は、ラグジュアリカーのカテゴリーにありながら、0-100km/h=7.4秒を誇る。新世代のキャディラックことCTSは、ドイツはニュルブルクリンクのコースで3年間、約150万kmにわたって鍛えられたスポーティなテイストがウリなのだ。北米テネシー州に新たに建設されたランシング・グランド・リバー専用工場で組み立てられるキャディラックCTS。わが国へは、ヤナセのネットワークを通じて、2002年前半から発売される予定だ。

(webCGアオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。