東京モーターショー:ロールスロイス・ベントレー

2001.10.25 自動車ニュース

東京モーターショー:ロールスロイス・ベントレー

2001年10月24日、ロールスロイスとベントレーが、プレスカンファレンスを開いた。

高級ブランドとして知られるロールス/ベントレーのブースは、親会社フォルクスワーゲンが居を構える東ホールの最も西寄り。けれども、次回の東京モーターショーではもうこうした姿は目にすることはできない。なぜなら、「ロールスロイス」のブランドは、2003年1月1日をもってBMW傘下となってしまうからだ。

こうした将来の動向を踏まえ、VWグループは、「ベントレー」ブランドのイメージアップにそのエネルギーを集中しているフシがある。プレスカンファレンスでも、「オールニューモデルである「ベントレーGTクーペ」を、日本でも2003年中には発売したい」と公式コメントが発表された。

ルマン24時間レースへの参戦など、このところのベントレーはスポーティなイメージを強調する戦略に出ている。その裏には、こうして間もなく分離することが決定しているロールスロイスとの“兄弟イメージ”をできるだけ消して行きたい…という狙いもあるのだろう。

もっとも、名前が発表されたに過ぎない段階である前述「ベントレーGTクーペ」。詳細はまだまだ藪の中だ。エンジンも、VWの「W型」ユニットを搭載するのか、あるいは専用の「ベントレーエンジン」を積むのか、まだハッキリとしたことは公にされていない。

というよりも、まずは“本家”であるVWは、新型フラッグシップサルーン「D1」を軌道に乗せなければならない。いかにそちらをアピールして行くか、に悩まなければならない段階であるに違いない。「GTクーペ」のデビューのタイミングというのも、そんなD1の仕上がり次第で変わってくるかもしれない。
(写真は、71年ぶりにル・マンの表彰台に立った「EXP Speed8」)

(河村康彦)

 
東京モーターショー:ロールスロイス・ベントレーの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。