東京モーターショー:フォード

2001.10.25 自動車ニュース
 

東京モーターショー:フォード

フォードのプレスカンファレンスは、2001年10月24日の午前10時30分から、幕張メッセ西ホールで行われた。コンセプトカーの出品がないため、展示された市販予定車についての説明が中心となった。



 

米フォードのジェイ・メイ デザイン担当副社長(写真上)は、まず「マスタング・ブリットGT」について説明を始めた。スティーブ・マックイーン主演のアクション映画『ブリット』に登場し、派手なカーチェイスを演じた「マスタングGT390」をイメージしたモデル。現行マスタングをベースに、その面影を残すCピラーや5本スポークアルミホイールの意匠、専用チューンのサスペンションなどを与え、米国で5500台限定生産された。


ニューサンダーバードとフォードジャパン代表取締役 岩國頴ニ氏
 

続いて、2001年のデトロイトショーで量産型が発表された、新型「サンダーバード」に話はうつった。1954年に初代がデビュー、以来コンバーチブルからセダンまで、様々なモデルが造られ、420万台以上が工場をあとにした。1997年に生産を一時中断、4年を経て、2シーターオープンとして再登場した。グリル形状やヘッド、テールランプの意匠など「伝統的なスタイリングの特徴」を踏襲したという。

ジェイ・メイ氏に続いてステージにあがったフォードジャパン社長の岩國頴ニ氏は、「今回出展したサンダーバードを、少数ですが日本で発売する計画があります」と発表。台数や導入時期については明らかにしなかったが、日本の消費者にとっては嬉しいニュースである。
すでに導入済みのコンパクトカー「フォーカス」や、SUV「エスケープ」の販売が好調であることについても言及し、カンファレンスは終わった。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。