【東京モーターショー】日産「GT-R」

2001.10.26 自動車ニュース
東京モーターショー:日産「GT-R」

【東京モーターショー】日産「GT-R」

次期「フェアレディZ」から“ショーの華”の座を奪った感のある「GT-R」デザインスタディモデル。事前予告なく、モーターショー初日の2001年10月24日、日産プレスカンファレンスにおいて、突如発表された。




東京モーターショー:日産「GT-R」

「あくまでも1つのデザイン検討モデルに過ぎない」とはいえ、全長4470×全幅1920×全高1360mmという原寸大モデルには、いやがおうにも高いリアリティが漂う。搭載されるエンジン、駆動システムなど、ハードウェアに関しては未定というが、GT-Rをこれからも生産するということは、「社内では、すでに1年以上前に決定されていたこと」。

あえて「スカイライン」の名を外して「日産GT-R」と発表したことや、デザインスタディモデルを左ハンドル仕様でだした(つまり輸出する)ことなど、“これからのGT-R”は世界市場へ打って出るぞ、という意気込みを感じた。

ちなみに、今回発表されたスタディモデルのデザインは、現行スカイライン/ステージアのデザインを手がけた長谷川デザイナーの作品という。

(河村康彦)

関連キーワード:
GT-R日産東京モーターショー2001イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • BMW G310GS(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.23 試乗記 BMWの世界戦略を担う小排気量モデル「G310」シリーズ。その第2弾として、BMW得意のアドベンチャースタイルをまとう「G310GS」が登場した。圧巻のブランド力を誇る、“GS”という看板を背負った最新モデルのライドフィールを一言で表すと?
ホームへ戻る