【東京モーターショー】日産「GT-R」

2001.10.26 自動車ニュース
東京モーターショー:日産「GT-R」

【東京モーターショー】日産「GT-R」

次期「フェアレディZ」から“ショーの華”の座を奪った感のある「GT-R」デザインスタディモデル。事前予告なく、モーターショー初日の2001年10月24日、日産プレスカンファレンスにおいて、突如発表された。




東京モーターショー:日産「GT-R」

「あくまでも1つのデザイン検討モデルに過ぎない」とはいえ、全長4470×全幅1920×全高1360mmという原寸大モデルには、いやがおうにも高いリアリティが漂う。搭載されるエンジン、駆動システムなど、ハードウェアに関しては未定というが、GT-Rをこれからも生産するということは、「社内では、すでに1年以上前に決定されていたこと」。

あえて「スカイライン」の名を外して「日産GT-R」と発表したことや、デザインスタディモデルを左ハンドル仕様でだした(つまり輸出する)ことなど、“これからのGT-R”は世界市場へ打って出るぞ、という意気込みを感じた。

ちなみに、今回発表されたスタディモデルのデザインは、現行スカイライン/ステージアのデザインを手がけた長谷川デザイナーの作品という。

(河村康彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る