東京モーターショー:ルノー

2001.10.26 自動車ニュース
 

東京モーターショー:ルノー

第35回東京モーターショーに出展するルノー。自動車ジャーナリスト、森口将之が、そのブースについてリポートする。


コンセプトカー「タリスマン」(写真上)
10月24日に行われたプレスデイに特別ゲストとして出席した元横綱の曙親方が「アヴァンタイム」に乗りこんだ(写真下)
 

ルノーのブースは、幕張メッセ西ホール、中央通路を隔てて日産と反対側に設けられた。企業グループごとにスペースをまとめるという方式が、ルノー-日産グループにも採用されたわけだ。しかしその作りは日産とは対照的。いや、ほかのどのメーカーとも違う。

外側は、目の高さの部分を除いて、すべて黒い壁で覆われている。上下の壁の間からブース内に展示されているクルマが見えるという、ブティックのショーウインドーのような雰囲気なのだ。

ブース内は一転してホワイト基調でとても明るいが、天井はモーターショーの会場としては驚くほど低い。こちらもアパレル関係のショールームを思わせる。コンパニオンの服も国産車とは一線を画した、趣味の良いものだ。

壁の内側全体にソファが置かれているのもおもしろい。一般公開日には休憩所になってしまうことも懸念されるが、休んでいる間にもクルマの姿が自然に目に入るので、結果的にはいいかもしれない。

そこに展示されているのは、いずれもルノーの“最新モード”。フランクフルトショーで初公開されたコンセプトカー「タリスマン」を中心に、まわりを「ヴェルサティス」「アヴァンタイム」「ルーテシアV6」「ラグナ」といった面々が囲む。つまり現行の市販車は1台もない。たしか前回の東京モーターショーもこうだった。ルノーにとって大事なのはあくまで「これから」というわけなのだろう。

(森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。