スバル「レガシィ・ツーリングワゴン」に新グレード

2001.10.30 自動車ニュース

スバル「レガシィ・ツーリングワゴン」に新グレード

富士重工業は、「スバル・レガシィツーリングワゴン」に、新グレード「TX-S II」を追加設定、2001年10月22日に発売した。

「レガシィツーリングワゴンTX-S II」は、2リッター水平対向4気筒SOHCエンジン(137ps/19.0kgm)をベースに、高輝度放電式のロービームランプ、「MDプレーヤー&6連奏CDチェンジャー・AM/FMチューナー一体 120W」を採用したモデル。さらに、本革巻きシフトレバー、同ハンドブレーキレバー、ルーフスポイラーなどを奢った。ボディ色は、「ピュアホワイト」など全4色をそろえる。
価格は、ベースモデルより5.5万円アップ、5段MTが204.5万円、4段ATは213.8万円。

(webCG 有吉)

「スバル・レガシィツーリングワゴンTX-S II」:
http://210.254.95.20/showroom/leg_txs2/

 
スバル「レガシィ・ツーリングワゴン」に新グレードの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル、アイサイトの機能を大幅に強化 2017.6.19 自動車ニュース スバルは2017年6月19日、運転支援システム「アイサイト」の機能を大幅に強化し、今夏に発表予定の改良型「レヴォーグ」と「WRX S4」に搭載すると発表した。
  • スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」を2017年夏に改良 2017.6.5 自動車ニュース スバルは2017年6月5日、「レヴォーグ」と「WRX S4」を大幅改良すると発表した。車両の発表は2017年の夏を予定している。新しいレヴォーグとWRX S4には、大きく進化したアイサイトが搭載される見込み。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る