トヨタ、「クラウン セダン」などを一部改良

2012.07.02 自動車ニュース

トヨタ、「クラウン セダン」などを一部改良

トヨタ自動車は2012年7月2日、「クラウン セダン」「クラウン コンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」を一部改良し、発売した。

今回、全車にプラズマクラスターが採用され、リヤの中央席に3点式シートベルト、および左右席にチャイルドシート固定用バー(ISOFIX対応)がそれぞれ標準装備された。

価格は以下のとおり
・「クラウン セダン」:266万7000円〜295万2600円
・「クラウン コンフォート」:215万8800円〜238万9800円
・「コンフォート」:174万9300円〜228万4800円
・「コンフォート教習車」:168万9450円〜187万8450円

これとあわせて、福祉車両「ウェルキャブ」についても、同様の変更が施された。ただしチャイルドシート固定用バーはリヤ右席のみとなる。

(webCG)

「クラウン セダン」
「クラウン セダン」 拡大
「クラウン コンフォート」
「クラウン コンフォート」 拡大
「コンフォート」
「コンフォート」 拡大
「コンフォート教習車」
「コンフォート教習車」 拡大

関連キーワード:
クラウン セダントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る