トヨタ、「クラウン セダン」などを一部改良

2012.07.02 自動車ニュース

トヨタ、「クラウン セダン」などを一部改良

トヨタ自動車は2012年7月2日、「クラウン セダン」「クラウン コンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」を一部改良し、発売した。

今回、全車にプラズマクラスターが採用され、リヤの中央席に3点式シートベルト、および左右席にチャイルドシート固定用バー(ISOFIX対応)がそれぞれ標準装備された。

価格は以下のとおり
・「クラウン セダン」:266万7000円〜295万2600円
・「クラウン コンフォート」:215万8800円〜238万9800円
・「コンフォート」:174万9300円〜228万4800円
・「コンフォート教習車」:168万9450円〜187万8450円

これとあわせて、福祉車両「ウェルキャブ」についても、同様の変更が施された。ただしチャイルドシート固定用バーはリヤ右席のみとなる。

(webCG)

「クラウン セダン」
「クラウン セダン」
「クラウン コンフォート」
「クラウン コンフォート」
「コンフォート」
「コンフォート」
「コンフォート教習車」
「コンフォート教習車」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る