軽自動車になった「スマート」発売

2001.10.30 自動車ニュース

軽自動車になった「スマート」発売

ダイムラークライスラー日本は、2シーター・シティコミューター「スマートクーペ」の右ハンドル仕様車と、軽自動車「スマートK」を、2001年10月24日に発売した。

全幅1515mmのベーシックな「スマート」は、軽自動車規定をわずかに35mmオーバーしているため、普通乗用車登録だった。今回、リアトレッド、リアタイヤをそれぞれ10mm短縮したのに加え、リアフェンダーの幅を縮め、全幅1470mmまで“ダイエット”。晴れて軽自動車として発売された。
さらに右ハンドルとし、「日本市場のニーズに対応した」(プレスリリース)。

「K」の価格は、ベーシックな「クーペ」より3.0万円安い127.0万円。グラスルーフがスチールに、カップホルダー兼用小物入れが販売店オプションに、本革巻きステアリングホイールが革なしになるなど、装備の簡素化が図られた。
なお、「クーペ」の左ハンドル仕様は、引き続き販売される。

税金、保険が安くなり、価格も下がった「スマート」。日本でのブレイクなるか?

(webCG 有吉)

「スマート」公式サイト:
http://www.smart-j.com/

 
軽自動車になった「スマート」発売の画像

関連キーワード:
フォーツースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る