アウディ「A4」に新グレード追加

2001.10.30 自動車ニュース

アウディ「A4」に新グレード追加

アウディジャパンは、「A4」に新グレード2機種を追加設定、1.8リッター直4ターボを搭載したスポーティな「A4 1.8Tクワトロ」と、2.4リッターV6を積んだ中堅グレード「2.4」の販売を、2001年11月から開始する。

スポーティグレードたる「A4 1.8Tクワトロ」は、先代A4に積まれていた1.8リッター直4ターボをリファインした「AMB型」ユニットを搭載。従来型と較べ、パワーは20psアップの170ps/5900rpm、トルクは1.5kgm太くなり22.9kgm/1950-5000rpmとなった。
組み合わされるトランスミッションは、5段ティプトロニック。駆動方式は4WD、つまり「クワトロ」システムを採る。

専用チューンされたサスペンションや、ステアリングを握りながらシフト操作できる3本スポークステアリングホイール、電動ランバーサポート付きフロントスポーツシート、16インチの専用「エアロスタイル」アルミホイールなどを装備し、スポーティさを主張。内装には、専用アルミニウムパネルを奢った。
価格は、425.0万円。

いっぽうの「A4 2.4」(写真)は、2リッター直4の上級「2.0 SE」と、3リッターV6「3.0クワトロ」の間を埋める、FFモデルのトップグレード。先代の2.4リッターV6DOHC 30バルブを改良し、5psアップの170ps/6000rpm、トルクは変わらず23.5kgm/3200rpmを発生する。
アウディ独自のCVT(無段階変速機)「マルチトロニック」を介し、前輪を駆動する。

装備面では、電動フロントシートや、オーディオ操作が可能な「マルチファンクション機能」付き本革巻きステアリングホイール、クルーズコントロール、16インチアルミホイールなどを採用した。
価格は、445.0万円。

上記2グレードを追加した「A4」は、FF 3モデル、クワトロ3モデルという構成となった。

(webCG 有吉)

 
アウディ「A4」に新グレード追加の画像

関連キーワード:
A4アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る