日産、「ウイングロード」をマイナーチェンジ

2001.10.31 自動車ニュース

日産、「ウイングロード」をマイナーチェンジ

日産自動車は、ステーションワゴン「ウイングロード」をマイナーチェンジし、2001年10月22日に発売した。

改良の眼目は以下の3点。

1)内外装の変更
フロントランプが“ツリ目”になったのに加え、ドアミラーがより鋭い形状となり、「ソリッドかつスタイリッシュなエクステリアとした」(プレスリリース)。内装においては、メタル調のセンタークラスター、シリンダー形状の3連メーターなどを採り入れ、シャープさを出した。

2)最新型2リッターエンジンの採用
2リッター直4エンジンを、従来までの「SR20VE(NEO VVL)」型から、最新型「QR20DE(NEO)」に変更、「ZXエアロ」「ZX」に搭載した。パワーは40psダウンし150ps/6000rpmとなったものの、トルクは0.4kgm太くなり20.4kgm/4000rpmとなった。
マニュアル操作もできるCVT「ハイパーCVT-M6」が組み合わされる。

3)ナビゲーション充実
上級グレードにDVD式ナビゲーションシステムを、またそのほかにはCD式ナビゲーションを奢った。さらに従来まで5.8インチだったモニターサイズを、7インチに拡大した。

価格は以下のとおり。

●2WD
1.5リッター:「G」(5MT)の134.8万円から「Xエアロ」(4AT)の183.8万円
2リッター:「ZX」184.8万円、「ZXエアロ」195.8万円、ともにCVT
●4WD
1.8リッター:「G」の168.0万円から「Xエアロ」の212.0万円、すべて4AT

(webCG 有吉)

日産自動車「ウイングロード」:
http://www.nissan.co.jp/WINGROAD/index.html

 
日産、「ウイングロード」をマイナーチェンジの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)【試乗記】 2005.12.6 試乗記 日産ウイングロード15RXエアロ(FF/CVT)/18RXエアロ(FF/CVT)
    ……230万3700円/250万3200円

    2005年11月14日、日産のコンパクトワゴン「ウイングロード」が3代目に進化した。若者が求める使えるワゴンとは?エアロパーツで飾ったスポーティモデルに試乗した。


  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)【試乗記】 2002.5.14 試乗記 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)
    ……367.0万円

    ぶっちゃけたハナシ、スカイラインのステーションワゴン。そう解説する自動車ジャーナリスト、河村康彦が、ステージアのターボモデルに乗った。セダンには用意されない「ターボ+4WD」のワゴンやいかに!?


  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
ホームへ戻る