クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4365×1785×1540mm/ホイールベース=2700mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(122ps/5000rpm、20.4kgm/1250-4000rpm)/価格=299万円(テスト車=372万3000円)

メルセデス・ベンツB180ブルーエフィシェンシー(FF/7AT)【ブリーフテスト】

メルセデス・ベンツB180ブルーエフィシェンシー(FF/7AT) 2012.07.02 試乗記 ……372万3000円
総合評価……★★★

フルモデルチェンジを受け2世代目に進化した「メルセデス・ベンツBクラス」。プラットフォームからパワートレインに至るまで改められた新型の走りと使い勝手を試した。

未完の大器

“背の高い2列シート輸入ワゴン”が次々と撤退するなか、例外的に人気を集めてきたのが「メルセデス・ベンツBクラス」だ。「Aクラス」とともにメルセデス・ベンツのエントリーモデルとして重要な役割を果たしてきた実績を買われ、フルモデルチェンジ後も日本市場での販売が継続される。

鳴り物入りで採用した二重構造フロアと決別した新型Bクラスは、全高が従来の1605mmから1540mmに下がった。日本のユーザーにとって、タワーパーキング利用の妨げにならないのは朗報だろう。旧型よりも65mm低くなったとはいえ、一般的なセダンやステーションワゴンに比べると背の高いBクラスはキャビンに余裕があり、ミニバン的な使い方も十分可能だ。

1.6リッター直噴ターボエンジンと7段デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせた最新のパワートレインは、パワーと燃費を両立し、フィーリングもいい。アイドリングストップ機構も、その素早い復帰には目を見張るばかりだ。

いいことずくめのBクラスだが弱点もある。乗り心地がメルセデス・ベンツらしくないことだ。ひとことで言うと粗削りな仕上がりなのだ。「乗り心地はあまり気にしないよ」という人なら止めないが、そうでない人には「もう少し待ったほうがいいと思うよ」とアドバイスしたい。他の部分がよくできているだけに、なおさら惜しい。早急な対策を期待したい。

注目の記事PR
  • 「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃!
    「Dyson V7 Car+Boat」の実力は!? 洗車好きジャーナリスト・清水草一がフェラーリを徹底清掃! ダイソン
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
注目の記事一覧へ

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2005年のジュネーブショーでデビューした「Bクラス」。コンパクトハッチ「Aクラス」より長いボディーを持つワゴンだ。今回の2代目は、2011年9月のフランクフルトショーで新型がお披露目され、日本では2012年4月25日に販売が開始された。全体的な印象は大きく変わらないが、プラットフォームからパワートレインまでシャシーの主要な部分が一新された。
従来の二層構造のフロアをシンプルにしたことで、全高は先代型より65mm低い1540mmとなり、日本のタワーパーキングに収まるサイズとなった。パワートレインは、新開発の1.6リッター直4DOHCターボのみとなり、湿式多板クラッチを用いた7段デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。最新の直噴システムやアイドリングストップ機構などの採用により、16.4km/リッター(10・15モード。JC08モードだと16.0km/リッター)と、先代に比べ約19%改善された。

(グレード概要)
ラインナップは、ベースグレードの「B180ブルーエフィシェンシー」と、レザーシートや本革スポーツステアリングホイール、バイキセノンヘッドライト、17インチホイールなどが装備される上級グレード「B180ブルーエフィシェンシー スポーツ」の2グレード。上級モデルには、さらに18インチホイールや運転席にメモリー付きフルパワーシートを採用する「ナイトパッケージ」がオプションで設定される。

「B180ブルーエフィシェンシー」にオプション設定されるバイキセノンヘッドライト。
「B180ブルーエフィシェンシー」にオプション設定されるバイキセノンヘッドライト。 拡大

メルセデス・ベンツB180ブルーエフィシェンシー(FF/7AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

【車内&荷室】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
やや事務的な印象だった旧型に比べて、新型Bクラスのインパネは親しみやすいデザインになった。特に、大きくカーブを描くダッシュボードや「SLS AMG」のデザインを受け継ぐエアコンの吹き出し口などがカジュアルさを演出している。より高級な雰囲気がお好みなら、試乗車のようにウォールナットのウッドパネルを選べばいい。老若男女を問わず、幅広い層に対応するデザインなのも、このBクラスのウリだろう。

衝突警告システムの「CPA」が全車に標準装着となったのもうれしい点。幸い試乗中に助けられる場面はなかったが、不注意による事故を減らすには有効な手段となるはずだ。インフォテインメントについては、さまざまなオーディオソースに対応する「COMANDシステム」が標準装着される一方、HDDナビを利用するにはディーラーオプションの「COMANDシステムナビゲーション」を追加する必要がある。そのぶんの予算を確保しなければならないが、COMANDコントローラーやモニターをそのまま活用できるのは助かる。

(前席)……★★★★
フルモデルチェンジで最も変わったのがドライビングポジションだ。ご存じのとおり、旧型はサンドイッチ構造の二重フロアを採用していたために、全高も高いがフロアも高い。それゆえ、乗り降りはSUVに近い感覚で、アイポイントは高いが着座姿勢はいつものセダンのようと、どこか不思議な印象だった。

それが新型Bクラスでは普通になった。アップライトな着座姿勢と少し高めのアイポイントがもたらすドライビングポジションに違和感はなく、運転するには好都合だ。ただ、日本車のウインカーレバーの位置にあるシフトレバーは、正直、短時間では慣れることができなかった。まあ、オーナーとなれば時間が解決してくれるのだろうが。

(後席)……★★★★★
全高が低くなったとはいえ、そのぶんフロアも低くなっているので、後席のヘッドルームは十分だ。身長168cmの私の場合、頭上に拳が縦にふたつ、すなわち約15cmのスペースが確保されている。足元も広すぎるくらいで、前席下にすんなりと爪先が入り、自然な姿勢がとれる。

試乗車にはオプションの「EASY-VARIO PLUS」が装着されており、後席のリクラインやスライドが可能なのも便利である。

(荷室)……★★★★
ラゲッジスペースの奥行きはボディーサイズ相応だが、高さが確保されるので容量は十分。地上から開口部までが低いのもいい。オプションの「EASY-VARIO PLUS」が装着された試乗車では、荷物の量によってラゲッジフロアの位置を変更できるようになっていた。上段にセットすればフロアをフラットにできる。

一方、荷物が多いときには、後席を倒してスペースの拡大を図ることができる。シートクッションの操作は要らないものの、シートバックが重いのが玉にキズ。


メルセデス・ベンツB180ブルーエフィシェンシー(FF/7AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大

メルセデス・ベンツB180ブルーエフィシェンシー(FF/7AT)【ブリーフテスト】の画像 拡大
標準はファブリックだが、テスト車にはオプションのレザーシートが装着されていた。ヘーゼルナッツブラウン(写真)のほか、ブラック、クリスタルグレーの3色から選べる。
標準はファブリックだが、テスト車にはオプションのレザーシートが装着されていた。ヘーゼルナッツブラウン(写真)のほか、ブラック、クリスタルグレーの3色から選べる。 拡大
60:40分割可倒式のリアシート。
60:40分割可倒式のリアシート。 拡大
5人乗車時の荷室容量は483リッター。最大で1545リッターまで拡大可能。写真をクリックするとラゲッジフロアやシートアレンジが見られます。
5人乗車時の荷室容量は483リッター。最大で1545リッターまで拡大可能。写真をクリックするとラゲッジフロアやシートアレンジが見られます。 拡大

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
「B180」といいながら、排気量1.6リッターのエンジンを積むこのBクラス。もちろん、直噴ターボエンジンなので、体感できるパワーは1.8リッターを上回る。組み合わされる「7G-DCT」が滑らかなこともあって、B180の発進はスムーズで軽快。走りだしても、実用域でトルク豊かなエンジンのおかげで扱いやすく、街中、高速を問わず十分な加速を見せてくれた。ただし、常用域の加速でややエンジン音が気になることはあった。

アイドリングストップ機構の「ECOスタートストップ機構」は全車に搭載される。その素早い動作は目を見張るほどだ。エンジン停止からブレーキペダルを離すと、すぐにエンジンが始動するばかりか間髪入れずにクリープが始まる。おかげで、信号が赤から青に変わったときに、出遅れる心配がない。

(乗り心地+ハンドリング)……★★
タイヤは、205/55R16と“おとなしい”サイズだが、全車にランフラットタイヤを装着するB180は、インチアップしたかと思えるほど、路面の荒れを拾いがちで、ドタバタとした乗り心地。サスペンションの動きもしなやかさに欠け、しかも上下動の収まりもいまひとつ。もちろんスポーツカーほどではないが、特に後席の乗り心地は快適さとはほど遠い。ボディーの剛性感もやや不足気味で、全体としてひと昔前のミニバンに乗っているような感覚だった。

一方、電動パワーステアリングの感触は悪くないし、直進安定性も良好。「未完の大器」にとって乗り心地の見直しが急務であろう。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2012年5月11日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2012年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)205/55R16(後)同じ(いずれも、ブリヂストン トランザ T001)
オプション装備:メタリックペイント<キャニオンベージュ>(6万3000円)/セーフティパッケージ(15万円)/バリューパッケージ+エクスクルーシブパッケージ(52万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(6):山岳路(2)
テスト距離:490km
使用燃料:39.8リッター
参考燃費:12.3km/リッター

関連キーワード:
Bクラスメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事