「ニューMINI」の先行予約開始

2001.11.01 自動車ニュース

「ニューMINI」の先行予約開始

BMWジャパンは、新型「MINI」の先行予約を2001年10月27日から開始した。デリバリーは来春に予定される。

第35回東京モーターショーで国内初お披露目となった新型「MINI」。当面日本に導入されるのは、ベーシックな「MINI One」とスポーティな「MINI Cooper」(写真)の2種類となる。
それぞれ、5MTとCVT(無段変速機)が用意され、価格は「MINI One」が195.0万円(5MT)と205.0万円(CVT)、「MINI Cooper」は225.0万円(5MT)と235.0万円(CVT)である。

「MINI One」のボディサイズは全長×全幅×全高=3626×1688×1416mm、エンジンはBMWとクライスラーが共同開発した1.6リッター直4(90ps/5500rpm、14.3kgm/3000rpm)を搭載する。
いっぽう「MINI Cooper」は全長×全幅×全高=3626×1688×1408mmと「One」に対して全高が8mm低く、エンジンは同じ排気量ながら、出力が115ps/6000rpm、15.2kgm/4500rpmとパワーアップされているのが特徴だ。

先行予約受付は、「MINI コールセンター」(電話0120-56-5532)または「MINIインターネットホームページ」http://www.mini.ne.jp/まで。

(webCG 大澤)

 
「ニューMINI」の先行予約開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • 「日産デイズ ルークス」に装備充実の「Vセレクション」登場 2017.4.25 自動車ニュース 日産自動車は2017年4月25日、軽乗用車「デイズ ルークス」に特別仕様車「Vセレクション」を設定し、販売を開始した。両側リモコンオートスライドドアやアルミホイールなど、利便性の高い人気の装備が追加されている。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
ホームへ戻る