プジョー「607」予約受付開始

2001.11.02 自動車ニュース

プジョー「607」予約受付開始

プジョージャポンは、フラッグシップ「607」の予約受付を、2001年10月22日から開始した。デリバリーは2002年3月から。

プジョー607は、「605」の後継として、1999年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした。今回日本に導入されるのは、レザーインテリアやカーナビを標準装備した高級指向モデル「607 Comfort」(右ハンドルのみ)と、インテリアをファブリックとし、17インチタイヤなどでスポーティーな演出を施した「607 Sport」(右/左ハンドル)の2種類。ともに3リッターV6(206ps/6000rpm、29.0kgm/3750rpm)を搭載し、ティプトロニックのついた4段ATを介し前輪を駆動する。価格は「607 Comfort」が498.0万円、「607 Sport」は478.0万円。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4875×1830×1460mm。605と較べ150mm長く、30mm幅広く、35mm高くなった。ホイールベースはかわらず、2800mmとなる。
4段ATは、走行状態に合わせて「オート」「スノー」「スポーツ」の3つのモードを用意。さらに、先代まで11通りだった走行パターンプログラムを、32通りまで増やし、よりきめ細かく制御できるようになったという。

詳しくは、プジョーコール(電話0120-840-240)まで。

(webCG 大澤)

 
プジョー「607」予約受付開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】 2015.5.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る