プジョー「607」予約受付開始

2001.11.02 自動車ニュース

プジョー「607」予約受付開始

プジョージャポンは、フラッグシップ「607」の予約受付を、2001年10月22日から開始した。デリバリーは2002年3月から。

プジョー607は、「605」の後継として、1999年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした。今回日本に導入されるのは、レザーインテリアやカーナビを標準装備した高級指向モデル「607 Comfort」(右ハンドルのみ)と、インテリアをファブリックとし、17インチタイヤなどでスポーティーな演出を施した「607 Sport」(右/左ハンドル)の2種類。ともに3リッターV6(206ps/6000rpm、29.0kgm/3750rpm)を搭載し、ティプトロニックのついた4段ATを介し前輪を駆動する。価格は「607 Comfort」が498.0万円、「607 Sport」は478.0万円。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4875×1830×1460mm。605と較べ150mm長く、30mm幅広く、35mm高くなった。ホイールベースはかわらず、2800mmとなる。
4段ATは、走行状態に合わせて「オート」「スノー」「スポーツ」の3つのモードを用意。さらに、先代まで11通りだった走行パターンプログラムを、32通りまで増やし、よりきめ細かく制御できるようになったという。

詳しくは、プジョーコール(電話0120-840-240)まで。

(webCG 大澤)

 
プジョー「607」予約受付開始の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】 2011.7.31 試乗記 プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)
    ……414万円/409万円

    「プジョー508/508SW」に、徳大寺有恒が試乗。歴代プジョーを乗り継いだ巨匠は、新たなフラッグシップをどう評価する?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る