プジョー「607」予約受付開始

2001.11.02 自動車ニュース

プジョー「607」予約受付開始

プジョージャポンは、フラッグシップ「607」の予約受付を、2001年10月22日から開始した。デリバリーは2002年3月から。

プジョー607は、「605」の後継として、1999年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした。今回日本に導入されるのは、レザーインテリアやカーナビを標準装備した高級指向モデル「607 Comfort」(右ハンドルのみ)と、インテリアをファブリックとし、17インチタイヤなどでスポーティーな演出を施した「607 Sport」(右/左ハンドル)の2種類。ともに3リッターV6(206ps/6000rpm、29.0kgm/3750rpm)を搭載し、ティプトロニックのついた4段ATを介し前輪を駆動する。価格は「607 Comfort」が498.0万円、「607 Sport」は478.0万円。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4875×1830×1460mm。605と較べ150mm長く、30mm幅広く、35mm高くなった。ホイールベースはかわらず、2800mmとなる。
4段ATは、走行状態に合わせて「オート」「スノー」「スポーツ」の3つのモードを用意。さらに、先代まで11通りだった走行パターンプログラムを、32通りまで増やし、よりきめ細かく制御できるようになったという。

詳しくは、プジョーコール(電話0120-840-240)まで。

(webCG 大澤)

 
プジョー「607」予約受付開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

607の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る