プジョー「607」予約受付開始

2001.11.02 自動車ニュース

プジョー「607」予約受付開始

プジョージャポンは、フラッグシップ「607」の予約受付を、2001年10月22日から開始した。デリバリーは2002年3月から。

プジョー607は、「605」の後継として、1999年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした。今回日本に導入されるのは、レザーインテリアやカーナビを標準装備した高級指向モデル「607 Comfort」(右ハンドルのみ)と、インテリアをファブリックとし、17インチタイヤなどでスポーティーな演出を施した「607 Sport」(右/左ハンドル)の2種類。ともに3リッターV6(206ps/6000rpm、29.0kgm/3750rpm)を搭載し、ティプトロニックのついた4段ATを介し前輪を駆動する。価格は「607 Comfort」が498.0万円、「607 Sport」は478.0万円。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4875×1830×1460mm。605と較べ150mm長く、30mm幅広く、35mm高くなった。ホイールベースはかわらず、2800mmとなる。
4段ATは、走行状態に合わせて「オート」「スノー」「スポーツ」の3つのモードを用意。さらに、先代まで11通りだった走行パターンプログラムを、32通りまで増やし、よりきめ細かく制御できるようになったという。

詳しくは、プジョーコール(電話0120-840-240)まで。

(webCG 大澤)

 
プジョー「607」予約受付開始の画像

関連キーワード:
607プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • 【東京モーターショー2017】スズキが「キャリイ軽トラいちコンセプト」を世... 2017.9.22 自動車ニュース