BMW「7シリーズ」、注文受付開始

2001.11.05 自動車ニュース

BMW「7シリーズ」、注文受付開始

BMWジャパンは、新型「7シリーズ」の注文受付を、2001年10月27日に開始した。

2001年9月のフランクフルトショーでお目見えしたフラッグシップ 新型「7シリーズ」。1994年デビューの先代「E38型」から進化をとげた「E65型」には、3.6リッターと4.4リッターの大排気量エンジンや6段オートマチックトランスミッション、BMWが「iDrive」と呼ぶ新しい操作系インターフェースなどが採用された。

今回国内に導入されるのは、3.6リッター「735i」(830.0万円)と、4.4リッター「745i」(990.0万円)、同ロングホイールベース版「745Li」(1060.0万円)の3種類。いずれも新開発の6段ATを搭載する。全車左右両ハンドルを用意し、「735i」「745i」は2002年3月中旬から、「745Li」は同6月からデリバリーを始める。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=5029×1920×1492mm、ホイールベースは2990mm。745Liは、ホイールベースおよび全長を140mmストレッチしたものである。
先代と較べると、ホイールベースで60mm、全長44mm、全幅42mm、全高57mm、それぞれ拡大したことになる。

新たに開発された3.6リッター、4.4リッターV8ユニットには、吸排気バルブのバルブ機構「ダブルVANOS」、吸気バルブのリフト量によって混合気の流入量を機械的にコントロールする「バルブトロニック」など、BMWジマンの先進技術を投入。加えて、インテイクマニフォルドの長さも可変制御することで、燃費を約14%削減しながら、最高出力を約14%向上させたという。
3.6リッターユニットは272ps/6200rpm、36.7kgm/3700rpm、4.4リッターは333ps/6100rpm、45.9kgm/3600rpmを発生する。

世界初を謳う6段ATには、シフトバイワイヤ方式を採用。ステアリングコラム右のセレクターレバーか、ステアリングホイール上の「ステップトロニック」スイッチでコントロールする。

BMWが力を入れたという「iDrive」とは、ナビゲーションやエアコン、オーディオなど運転以外の操作を、センターコンソールに配置されたダイアル式コントローラーで行うというもの。エンジン始動は、ブロック型キーを差込み、スターターボタンを押すという方式、パーキングブレーキはステアリング左端のボタンを押してリリースするなど、新しいインターフェイスを採用したのも特徴である。

(webCG 有吉)

 
BMW「7シリーズ」、注文受付開始の画像


 
BMW「7シリーズ」、注文受付開始の画像


 
BMW「7シリーズ」、注文受付開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 特集 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
ホームへ戻る