ブルーバードシルフィ「教習車」を発売

2001.11.05 自動車ニュース

ブルーバードシルフィ「教習車」を発売

日産自動車の関連会社(株)オーテックジャパンは、自動車教習所向けのブルーバードシルフィ「教習車」を、2001年10月31日に発売した。

ブルーバードシルフィ「教習車」は、ブルーバードシルフィをベースに、助手席足下に備わる「教官用補助ブレーキ」、左右ドアミラーの上に装着される「教官用アウトサイドミラー」、教官が後方視界を確認する「教官用ルームミラー」などの教習用装備を追加したもの。ベース車同様、前席にSRSエアバックシステムとABSを標準装備する。

エンジンは、1.5リッター直4「QG15DE」、駆動方式は2WDのみ。5MTか4ATを選べる。環境面では、国土交通省の「良-低排出ガス車(G-LEV)」に認定(AT車)されているのに加え、全車において「七都県市指定低公害車」の指定を受ける。
価格は、5MT車モデルが141.2万円、4ATモデルは146.2万円となる。

(webCG わたなべ)

 
ブルーバードシルフィ「教習車」を発売の画像

関連キーワード:
ブルーバードシルフィ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
ホームへ戻る