「ルノースポールV6」発売

2001.11.06 自動車ニュース

「ルノースポールV6」発売

ルノージャポンは、「ルーテシア」(本国名クリオ)の高性能スポーツモデル「ルノースポールV6」を、2001年11月1日に発売した。

「ルーテシア・ルノースポールV6」は、ワンメイクレース用のレーシングカー「ルーテシア・ルノースポールV6トロフィー」の公道用市販モデル。開発から製造まで、F1アロウズチームを運営する英TWR(トム・ウォーキンショウ・レーシング)が担当した。
FFの小型ハッチバックをミドシップにした手法は、1980年代初頭に世界ラリー選手権で話題をまいた「ルノー5ターボ」を思い出させる。

3リッターV6 DOHC24バルブエンジンは、フラッグシップ「ラグナ」に搭載されるものと基本的には同じ。ただし圧縮比の向上や吸排気系の効率化により、パワー、トルクともに16psと1.5kgm増大、226ps/6000rpm、30.6kgm/3750rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、6段マニュアルのみとなる。

ぐっと張り出したフェンダーや17インチのOZ製アロイホイール、リアセンターにマウントされるエキゾーストパイプ、前205/50ZR17、後235/45ZR17のタイヤを装着。全長3805×全幅1810×全高1350mmのコンパクトなサイズに、猛々しい外観を載せる。
加えてインテリアには、「アルカンタラ」のスポーツシート、アルミ製のペダル、シフトを配し、レーシィな雰囲気を出した。ボディ色は、メタリックな「アイスバーグシルバー」の1色のみとなる。

価格は、495.0万円。

(webCG 有吉)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 
「ルノースポールV6」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。