マツダ、「デミオ」にお買い得グレードを追加

2001.11.07 自動車ニュース

マツダ、「デミオ」にお買い得グレードを追加

マツダは、コンパクトなボディと広い室内がウリのワゴン「デミオ」に、特別装備を付与しつつ、ベースモデルより価格を下げたお買い得グレード「スペシャル」シリーズを追加設定、2001年11月6日に発売した。

「デミオ・スペシャル」シリーズは、1.3リッター「1300LX-G」(4AT/5MT)、1.5リッター「1500アレッタ」(4AT/5MT)と同「1500GL」(4ATのみ)の3モデルがベース。それぞれに、以下の装備を与えつつ、最大9.7万円の値下げを行った。

●1300LX-Gスペシャル(写真)
ボディ色に専用の「クリスタルブルーメタリック」を採用。内装には、スエード調生地とメッシュ素材のコンビネーションシートや、シルバー調のセンターパネル、シフトパネルなどを配し、「ファッション性を高めた」(プレスリリース)。
価格は、ベース車より9.7万円安、5MTが105.8万円、4ATは114.8万円。

●1500アレッタスペシャル
ベースモデルで標準装備されるカセットデッキ付きAM/FM電子チューナに、CD/MDデッキと4スピーカーを追加装備。ベース車マイナス5.1万円で、5MTが140.8万円、4ATは149.8万円。

●1500GLスペシャル
標準装備のカセットデッキ付きAM/FM電子チューナに、CDプレーヤーが加わった。ベースより3.5万円安い、139.8万円(4ATのみ)。

(webCG 大澤)

 
マツダ、「デミオ」にお買い得グレードを追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る