東京モーターショー:ジャガー、アストンマーチン

2001.11.07 自動車ニュース
 

東京モーターショー:ジャガー、アストンマーチン


デザインスタディモデル「Rクーペ」。4シーターの2ドアクーペボディにV8エンジンを載せた、後輪駆動車だ。ステアリングを握ったままシフト操作できる「パドルシフト」などハイテク装備を満載する。なお、市販される予定はない。
 

■ジャガー
「シクスティナイン」
……Rクーペ(デザインコンセプトカー)

エクステリアは特にどうということもないけれど、対照的にインテリアはオッと思わせるモノあり。というのも、造形がフォーティナインならぬシクスティナインあたりのアメ車のクーペそのまんま。センタートンネル側面に貼られたウッド(調?)パネルも同様で。思わず懐かしくなっちゃった人もいるでしょう。



 

■アストンマーティン
「モトとれる裸」
……V12ヴァンキッシュ

センタートンネルとAピラーはCFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics=カーボン繊維によって強化されたプラスチック)。中央〜後部にかけてはアルミのパネル、および押し出し材。フロントサスのマウント部はアルミの鋳物で、それとバルクヘッドの間はスチールパイプのトラスでも連結。前部衝突フレームはスチール製(ではなくカーボンだとあとで判明)。……という感じでしょうか。


457ps、56.7kgmという高出力6リッターV12エンジン、パドルシフトの6段ATを搭載、最高速は306km/hに達するという超高級GT「V12ヴァンキッシュ」。
 

とにかく、ワタクシの知識では上手く説明できない。説明できないが、実物の発しているパワーはシロート眼にも絶大なモノがあった。強力で、そしてきわめて美しくて、しかしナンとも作るのがメンドくさそう。むしろ、わざとそうしてる感じすらある。イギリス人じゃなかったら、あるいはアストンじゃなかったらこんなことしないんじゃないか。ハイテクなのは間違いなくハイテクでも、アウディやフェラーリやマクラーレンとはまるっきりやりかたが違っている。素晴らしい! いつまで見ていても飽きない。こんなの買えるんだったら、ニセンマンエンでもサンゼンマンエンでも高くないと思う。ほか一切ナニも見ずにウチ帰ったとしても入場料はモトとれる。この裸ストラクチャーの前では、ハッキリいってV12もカスんでしまっていた。

(森 慶太)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。