【スペック】全長×全幅×全高=4780×2030×1136mm/ホイールベース=2700mm/車重=1575kg(乾燥重量)/駆動方式=4WD/6.5リッターV12 DOHC48バルブ(700ps/8250rpm、70.4kgm/5500rpm)/価格=4100万2500円(テスト車=同じ)

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4【試乗記】

路上で輝くスーパーカー 2012.07.01 試乗記 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)
……4100万2500円

ランボルギーニの旗艦モデル「アヴェンタドール」にサーキットで試乗。サンターガタの猛牛は、どんなパフォーマンスを見せた?

理屈抜きにカッコイイ

その昔は、樹脂製ボディーとアルミなどメタル製ボディーの出来具合がよく論議された。言われていたのが、樹脂製ではその厚さのためにエッジ部分のアールが大きくなり、メタル製のようなシャープな面構成が採りにくいということ。実際、樹脂製ボディーは、どうしても精度が低く見えがちで、ダルでボテッとした感覚のデザインも多かった。

しかしこの「ランボルギーニ・アヴェンタドール」を見る限り、そんな論議は的外れであったかのように思える。シャープなエッジで構成されたボディーパネルは、それがカーボンファイバー製であることを見抜けないほど、高精度な作りを実現している。ランボルギーニ社はクルマだけでなく、高性能大型ボートなども製造しており(筆者は過去にその現場を見学したことがある)、樹脂成形に関しては膨大なノウハウがあることも事実だ。だがアヴェンタドールは、そんな説明など要らないぐらいカッコイイ。まさにイタリアの高性能スーパーカーの頂点に君臨する気品と威厳と迫力を備えている。そして重量(=約1.6トン)は十分に軽く仕上がっており、剛性感も上々だ。

「ミウラ」「カウンタック」「ディアブロ」「ムルシエラゴ」と続くランボルギーニの歴史上の流れを見ても、アヴェンタドールは最も獰猛(どうもう)な闘牛かもしれない。V12エンジンは今や700psを発生するに至った。パワーは速さに直結するだけでなく安定性にも寄与する。だからこうした高性能車にあっては、いくらあっても無駄にはならない。ムルシエラゴとの違いは、4WDシステムのセンターデフがビスカスカップリングからハルデックスカップリングに変わった点で、ここが筆者の興味をひいた。

インテリアの仕上がりは非常に上質。センターコンソールの赤いカバーの下にはエンジンスタータースイッチが隠されている。
インテリアの仕上がりは非常に上質。センターコンソールの赤いカバーの下にはエンジンスタータースイッチが隠されている。
伝統のシザースドアと、徹底して直線基調のスタイリングが圧倒的なオーラを放つ。
伝統のシザースドアと、徹底して直線基調のスタイリングが圧倒的なオーラを放つ。
フラッグシップモデル「アヴェンタドール」。公表データは0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/hという、まさにスーパーな数字が並ぶ。
フラッグシップモデル「アヴェンタドール」。公表データは0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/hという、まさにスーパーな数字が並ぶ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アヴェンタドールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.1.29 試乗記 パワーアップと軽量化によって、一段とどう猛に仕立てられた「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」に試乗。2.03kg/psというパワー・ウェイトレシオを豪語する“荒ぶる神”を、いざ公道に解き放つ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)【短評】 2014.4.22 試乗記 トップカテゴリーのレーサーすらしのぐパワーや、路面に貼り付くようなハンドリングだけが、「アヴェンタドール」をして“スーパー”たらしめているわけではない。その低く、幅広く、異様なまでの存在感に満ちた外形が、人々の心に畏れを抱かせるのだ。東京から一路、西へ。伊豆のワインディングロードで試乗した。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.6.30 試乗記 ランボルギーニというと、とかくアバンギャルドなイメージを抱きがち。しかし、そこに込められた作り手の思いは意外や“古風”だ。車両の挙動を楽しませてくれる後輪駆動の「ウラカンLP580-2」は、クラシコの粋がわかるドライバーに薦めたい。
ホームへ戻る