高性能「ニュービートル」、倍率2倍

2001.11.08 自動車ニュース
 

高性能「ニュービートル」、倍率2倍

フォルクスワーゲングループジャパンは、世界限定250台、ニュービートルのスポーツバージョン「RSi」の購入申し込み数が販売台数の2倍以上となったと、2001年11月5日に発表した。



 

2001年9月23日に日本で初公開された「ニュービートル RSi」は、225ps、32.6kgmを発する3.2リッターV6 24バルブエンジン、専用チューンのサスペンション、猛々しいリアスポイラーなどを搭載した高性能モデル。世界限定250台のうち、日本への割り当ては45台だった。

895.0万円という高額なプライスタグがつくにもかかわらず、9月24日から10月23日までの購入申し込み期間中、90件以上の申し込みがあったという。また同車のオフィシャルサイトのアクセス数はのべ約5万件を数え、カタログ請求は約500件に達したという。

10月26日に行われた抽選の結果、45名の購入権利獲得者が決定。当選者の購入の意志を確認した後、通常の売買契約を経て晴れて納車となる。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る