高性能「ニュービートル」、倍率2倍

2001.11.08 自動車ニュース
 

高性能「ニュービートル」、倍率2倍

フォルクスワーゲングループジャパンは、世界限定250台、ニュービートルのスポーツバージョン「RSi」の購入申し込み数が販売台数の2倍以上となったと、2001年11月5日に発表した。



 

2001年9月23日に日本で初公開された「ニュービートル RSi」は、225ps、32.6kgmを発する3.2リッターV6 24バルブエンジン、専用チューンのサスペンション、猛々しいリアスポイラーなどを搭載した高性能モデル。世界限定250台のうち、日本への割り当ては45台だった。

895.0万円という高額なプライスタグがつくにもかかわらず、9月24日から10月23日までの購入申し込み期間中、90件以上の申し込みがあったという。また同車のオフィシャルサイトのアクセス数はのべ約5万件を数え、カタログ請求は約500件に達したという。

10月26日に行われた抽選の結果、45名の購入権利獲得者が決定。当選者の購入の意志を確認した後、通常の売買契約を経て晴れて納車となる。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る