高性能「ニュービートル」、倍率2倍

2001.11.08 自動車ニュース
 

高性能「ニュービートル」、倍率2倍

フォルクスワーゲングループジャパンは、世界限定250台、ニュービートルのスポーツバージョン「RSi」の購入申し込み数が販売台数の2倍以上となったと、2001年11月5日に発表した。



 

2001年9月23日に日本で初公開された「ニュービートル RSi」は、225ps、32.6kgmを発する3.2リッターV6 24バルブエンジン、専用チューンのサスペンション、猛々しいリアスポイラーなどを搭載した高性能モデル。世界限定250台のうち、日本への割り当ては45台だった。

895.0万円という高額なプライスタグがつくにもかかわらず、9月24日から10月23日までの購入申し込み期間中、90件以上の申し込みがあったという。また同車のオフィシャルサイトのアクセス数はのべ約5万件を数え、カタログ請求は約500件に達したという。

10月26日に行われた抽選の結果、45名の購入権利獲得者が決定。当選者の購入の意志を確認した後、通常の売買契約を経て晴れて納車となる。

(webCG 大澤)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る