シボレーカマロの2002年ラインナップ発表

2001.11.13 自動車ニュース

シボレーカマロの2002年ラインナップ発表

日本ゼネラルモーターズは、シボレーのスポーツカー「カマロ」2002年モデルのラインナップと価格を発表し、2001年11月10日から販売を開始した。GMはカマロの生産終了を発表しており、本モデルが最終モデルとなる。

カマロの2002年ラインナップは、3.8リッターV6(193ps/5000rpm、31.1kgm/4000rpm)を搭載する「スポーツクーペ」、そのオープンモデル「スポーツコンバーチブル」と、5.7リッターV8(288ps/5200rpm、44.6kgm/4000rpm)を搭載するカマロの35周年記念モデル「カマロ Z28 35th アニバーサリー」の3種類。いずれも機関面での主な変更はない。

2002年モデルでは、「スポーツクーペ」のルーフパネルがボディ同色となり、「コンバーチブル」にはブラックトップが設定された。
「Z28 35th アニバーサリー」、はトップグレード「Z28」をベースに、35周年記念エンブレムや、研磨アルミホイール、リアスポイラー、12連奏CDチェンジャーなどを装備した特別仕様車。2002年のZ28はこの35周年記念モデルのみとなり、オニキスブラックに塗られた70台と、ブライトリーレッドに塗られた30台、合計100台が販売される。なお2002年モデルより、パワーステアリングオイルクーラーが標準で備わるようになった。

価格は、V6搭載のスポーツクーペが299.0万円、同コンバーチブルは396.0万円、V8搭載のシボレーカマロ35周年記念モデルが366.0万円。

(webCG 大澤)

 
シボレーカマロの2002年ラインナップ発表の画像

関連キーワード:
カマロカマロ コンバーチブルシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第470回:怒涛の“アメ車愛”が炸裂!
    プチオーナー体験で感じた新型「カマロ」の魅力を語り尽くす
    2018.1.15 エディターから一言 怒涛(どとう)の大排気量V8エンジンを搭載したアメリカンマッスルカー「シボレー・カマロSS」がwebCG編集部にやってきた! 自身もアメリカ車を所有するwebCGほったが、1泊2日のプチオーナー体験で得た感想を、シボレーに対する愛をぶちまける。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
ホームへ戻る