シボレーカマロの2002年ラインナップ発表

2001.11.13 自動車ニュース

シボレーカマロの2002年ラインナップ発表

日本ゼネラルモーターズは、シボレーのスポーツカー「カマロ」2002年モデルのラインナップと価格を発表し、2001年11月10日から販売を開始した。GMはカマロの生産終了を発表しており、本モデルが最終モデルとなる。

カマロの2002年ラインナップは、3.8リッターV6(193ps/5000rpm、31.1kgm/4000rpm)を搭載する「スポーツクーペ」、そのオープンモデル「スポーツコンバーチブル」と、5.7リッターV8(288ps/5200rpm、44.6kgm/4000rpm)を搭載するカマロの35周年記念モデル「カマロ Z28 35th アニバーサリー」の3種類。いずれも機関面での主な変更はない。

2002年モデルでは、「スポーツクーペ」のルーフパネルがボディ同色となり、「コンバーチブル」にはブラックトップが設定された。
「Z28 35th アニバーサリー」、はトップグレード「Z28」をベースに、35周年記念エンブレムや、研磨アルミホイール、リアスポイラー、12連奏CDチェンジャーなどを装備した特別仕様車。2002年のZ28はこの35周年記念モデルのみとなり、オニキスブラックに塗られた70台と、ブライトリーレッドに塗られた30台、合計100台が販売される。なお2002年モデルより、パワーステアリングオイルクーラーが標準で備わるようになった。

価格は、V6搭載のスポーツクーペが299.0万円、同コンバーチブルは396.0万円、V8搭載のシボレーカマロ35周年記念モデルが366.0万円。

(webCG 大澤)

 
シボレーカマロの2002年ラインナップ発表の画像

関連キーワード:
カマロカマロ コンバーチブルシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • 「三菱i-MiEV」が軽自動車から登録車へと区分変更 2018.4.19 自動車ニュース 三菱自動車は2018年4月19日、電気自動車「i-MiEV(アイミーブ)」に一部改良を実施し、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る