「シボレー・ブレイザー」の2002年モデル発表

2001.11.13 自動車ニュース

「シボレー・ブレイザー」の2002年モデル発表

日本ゼネラルモーターズは、2002年型「シボレー・ブレイザー」の価格を発表し、2001年11月10日から販売を開始した。

日本に導入されるのは、2001年モデル同様、ファブリック内装の「LS」(298.0万円)と、本革内装で装備を充実させた「LT」(349.0万円)の2グレード構成となる。いずれも4.3リッターV6(193ps/4400rpm、34.6kgm/2800rpm)と4ATの組み合わせで、全車右ハンドルというのも同じ。価格も据え置かれた。

2002年モデルの主な変更点は、全車共通でヘッドレストが欧州法規に適合したものとなった。また「LT」のボディサイドストラップを廃し、燃料タンクへのいたずらを防止する「ロッキングガスキャップ」を装備したのも新しい。

(webCG 大澤)

 
「シボレー・ブレイザー」の2002年モデル発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ブレイザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
ホームへ戻る