「クライスラー・ボイジャー」2002年モデルが発売

2001.11.14 自動車ニュース

「クライスラー・ボイジャー」2002年モデルが発売

ダイムラークライスラー日本は、2001年11月17日から元祖ミニバン「ボイジャー」の2002年モデルを発売することを、2001年10月23日に発表した。

クライスラー・ボイジャーは、昨年フルモデルチェンジを果たし、2001年6月に日本に導入された。2002年モデルが、ショートホイールベース(2880mm)の「ボイジャー」と、ストレッチ版「グランドボイジャー」(ホイールベース3030mm)に大別されることは、従来通り。目玉は、グランドボイジャーに「AWD」こと4輪駆動モデル「リミテッドAWD」が加わったことである。エンジンは3.3リッターV6OHV12バルブ(174ps/5100rpm、28.3kgm/4000rpm)と2001年モデルと変わらず。組み合わされるトランスミッションは、電子制御式4速オートマチックのみ。

価格は、追加されたAWDを除き、据え置き
ボイジャー LX(FF)356.0万円
ボイジャー LXプレミアム(FF)390.0万円
グランドボイジャー リミテッド(FF)422.0万円
グランドボイジャー リミテッドAWD(4WD)447.0万円

変更点
・グランドボイジャーリミテッドに常時4輪駆動(AWD)を標準装備
・外装色に、「ブライトシルバーメタリック」、「ライトアーモンドメタリック」、「オニックスグリーン」を新色として追加。

常時4輪駆動システム(AWD)とは、通常の走行条件下では前輪駆動の特性が優位を占めているが、前輪が滑り始めると、そのスリップ量に応じて、ビスカス・カプリングを介して後輪にもトルクが伝達される。これにより前後輪のホイールスピードの差を減少させ、前輪駆動での走行時より安定したトラクションを実現というもの。
2002年モデル クライスラーボイジャー リミテッドAWDの4輪駆動シテスムは、先代ボイジャーのシステムを改良したもので、以前のトラクションコントロールの質を維持しつつ、軽量化、設計のシンプル化がなされたという。

(webCG カネヨシ)

「クライスラー・ジープ」コール:0120-712-812
「ジープ」サイト: http://www.chrysler-japan.com/

 

 
「クライスラー・ボイジャー」2002年モデルが発売の画像
関連記事
  • クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2008.6.24 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)
    ……546.0万円

    2007年の東京モーターショーで日本初披露された「クライスラー・グランドボイジャー」。7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした、アメリカ生まれの3列シート7人乗りミニバンを試す。
  • クライスラー・グランドボイジャー(FF/6AT)【海外試乗記】 2007.12.27 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー(FF/6AT)

    新生クライスラーの新型ミニバン「グランドボイジャー」。最新システムや独自のシートアレンジなど多数の新装備を搭載したニューモデルにスペインで試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • グランドボイジャー 2010年モデル発売 2010.6.24 自動車ニュース クライスラー日本は、2010年モデルの「グランドボイジャー」を2010年6月26日に発売する。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る